LINEで送る

■■ Tokyo-Kyc info Vol.32 (2012.5.31配信)■■

■□—————————————————□■
東京青商会16期総会 開催!

日時:2012年6月9日(土)開催!
総会:17時00分~
宴会:18時30分~
二次会:20時30分~

場所:東天紅(上野)

参加費:総会・宴会:7,000円
二次会:3,000円

■□—————————————————-□■

【 CONTENTS 】
 
■東京第5学区青商会「東京第5学校後援サッカーフェスティバル in 葛西臨海球技場」
■東京青商会「第15期第9回常任幹事会」
■葛飾青商会「葛飾支部窓拭き清掃」
■墨田青商会「第36回わんぱく相撲墨田区大会」
■北青商会「第36回わんぱく相撲墨田区大会」
■東京青商会「ウリウリコッポンオリコンサート2012in東京」
■墨田青商会「すみだしぐさ2012(スカイツリーオープン区民祝賀祭)」
■葛飾、墨田、江戸川青商会「東京朝鮮第五初中級学校 第66回運動会」
■足立青商会「第36回わんぱく相撲足立区大会」
■今後の予定
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京第5学校後援サッカーフェスティバル in 葛西臨海球技場
【日時】 2012年5月5日(土)18時~21時
【場所】 葛西臨海球技場
【参加団体】 
・江戸川、墨田、葛飾+その他青商会サッカー部員
・三地域朝青サッカー部員
・朝鮮大学校なでしこ部員
・セブンイレブン軍団
【簡単な内容】
毎年恒例となっておりますサッカーフェスティバル。
今年は4月に開催を予定して準備を進めておりましたが、開催日にとてつもない嵐に遭遇し例年通りのこどもの日へと順延し、開催に至りました。
今年は第5学校中学サッカー部の都大会墨田代表を祝し、大人たちでみっちりシゴイてあげましょうとの意味を持たせ大会を盛り上げました。
第5青商会サッカー部を始め日頃から一緒に練習に励んでいる朝青トンムたちと地元の企業・セブンイレブンの店長を始めとした日本の友人方からもご参加して
いただきましたし、朝大からなんと! 『なでしこ』ならぬ仮称『チンダルレ』なトンムたち数名も飛び入り参加していただき、皆で楽しくサッカーに明け暮れることが出来ました。

※仮称:『チンダルレ』のメンバーの中には元朝鮮代表で朝大サッカー部監督の娘さんが…(驚)

最後には当日に集った方々から少額寄付を募り、第5学校 小・中 サッカー部
へサッカーボールを寄贈させて頂きました!
まだまだ第5学校学生たちへの応援は続いて行きます!!

(江戸川青商会会長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京青商会第15期第9回常任幹事会
【日時】 2012年5月7日(月)19時30分~21時00分
【場所】 東京朝鮮第四初中級学校 体育館
【参加数】 50名(常任幹事、コパン代表代理、足立青商会)
【内容】
・部署活動報告
・ウリウリコッポンオリコンサート準備に関して
・《K興GP》推進状況、対策
・東京青商会第16回総会

【備考】
残り1カ月となった東京青商会第15期も部署ごと最終段階へと突入し、継続事業を含めて当初決めた事はしっかり行おうと再確認した(5月中に部署総括を行う事)。
また、15期に力を入れてきた民族教育事業は今まで学生を対象とする「ハムケ2011」、新入生に制服をプレゼントする「ピカピカCUP2012」と成功を収めてきたが最後に学齢前の児童を対象とする「ウリウリコッポンオリコンサート」を必ずや成功させ東京民族教育発展の為に青商会が出来る事をしっかり行おうと意見一致を見た。
最後に東京会長は東京青商会総会に向けて組織強化を一層進め一人でも多くの会員を増やし、我々の情報網を広げて行くと共に、全国青商会運動でもある《K-興グランプリ》で東京青商会が模範になるよう強く訴えた。

(東京青商会幹事長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■葛飾支部窓拭き清掃
【日時】 2012年5月12日(土)10:00
【場所】 葛飾支部
【参加人数】 直前会長、青商会:3名 朝青:5名 計:9名
【簡単な内容】 葛飾直前会長の号令の元、若い世代の有志で、葛飾支部の1Fから3Fまでの窓ガラスを清掃しました。当日は青商会から3名、朝青から5名が参加し、約3時間半程かけて、大小合わ
せて、126枚を拭きました。支部の窓ガラスは、ここ数年清掃しておらず、外側は砂や埃の汚れ、内側は若干のニコチンの汚れで曇っている状態でした。
窓ガラス一面に対し、水拭き、洗剤拭き、から拭きと3度拭きを行うことで、窓ガラスは見る見るうちにきれいに、透明さを取り戻していきました。
直前会長からは、「窓拭きは自分の心を拭いているようなものだ」と、ありがたい教えも頂きながら、すべての窓ガラスを拭きあげました。
今後も今回のような支部の為の活動を青商会、朝青と協力し、総聯、商工会、女盟も巻き込んで継続的に行い、多くのトンポに支部に足を運んでもらおうことにより、支部、地域を愛する運動・活動を活発化させようと話し合いました。
この日の窓拭きの成果は、同日夕方に開催された支部講演会(葛飾同胞祖国訪問報告&新しい入管法に関して)に集まったトンポ達にも紹介され大好評でした。
この後、軽くお疲れ会をしようと、近隣の立石で食事をしましたが、いつものように午前様となりました。

(葛飾青商会会長) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「第36回わんぱく相撲墨田区大会」
【主催者】 公益社団法人東京青年会議所
【日時】 2012年5月12日(土)
【場所】 墨田区総合体育館
【参加数】506人(朝鮮第五小中級学校6年生8名含む)墨田青商会 参加手伝い5名
【簡単な流れ・感想】8:30現地集合、準備開始、12:30~団体戦 13:30~個人戦 17:30終了
※大会前、第五学校にて私と江戸川副会長で二度の相撲指導を行いました。

墨田区大会では過去最高の504名参加。我々、朝鮮第五小中級学校からも6年生8名が参加できたので地域活動に貢献でき国際交流も大きく進展しました。
また、ウリハッキョの子供達にも良い経験になりました。惜しくも決勝に進むことは出来なかったものの、これをバネに勝負根性を養って貰えることでしょう。
今回で3年連続出場しているので引き続き参加して行けるよう、尽力していきます。
継続は力なり。

(墨田青商会直前会長)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「第36回わんぱく相撲北区大会」
【主催者】 公益社団法人東京青年会議所
【日時】 2012年5月12日(土)
【場所】 滝野川総合体育館
【参加数】 200人以上 北青商会4人
【簡単な流れ・感想】
今回から初めて運営協力団体として参加しました。
残念ながら、北区在住の子供たちとのスケジュールが合わずお手伝いのみになりました。北青商会では東京龍球団と共に小学4年生土俵を担当して、土俵運営からサポートのお手伝いをしました。
来年は是非、北区在住のウリハッセンを出場させてあげたいと思います。

※当日、会場では東京家政大学の女子大生たちが「ちゃんこ鍋」を振る舞い、ボーイスカウトの方々が場外警備を担当し、様々な個人・団体がわんぱく相撲の成功の為に尽力しておりました。
今後もJC、その他の団体と交流し、共に北区を盛り上げていきたいと思います。

(北青商会 副幹事長)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウリウリコッポンオリコンサート2012in東京
【主催者】 
主催:ウリウリコッポンオリコンサート2012in東京実行委員会
協力:女性同盟東京都本部、在日本朝鮮東京青年商工会

【日時】 2012年5月13日(日)14時受付、15時開演 (公演時間90分)
【場所】 サンパール荒川 大ホール
【参加数】 720人
【参加費】 大人:1,000円 子供:500円 (※席を使う場合)
【簡単な流れ・感想】
東京と地域の双方で青商会と女性同盟が打ち合わせを重ねたのはこれからの東京民族教育発展に大きなキッカケを作ったことであろう。
しかし何といっても当日訪れた子供たちの笑顔やコンサート最中の真剣な眼差しはコッポンオリクラブ活動を必ず次に繋げていこうという実行委員たちの思いが強くなった。
またオンマ同士の久しぶりの再会は予想以上に望まれていたのだと知りましたし、いつも飲んでいるばかりと言われる青商会活動を少し理解していただけたかもしれない。

【感想】※朝鮮新報から引用
民族教育支援部長「当日まで準備が追いつかず、気を揉んだが、結果的には大盛況だった。
子どもの数が少なくなっている中、青商会や女性同盟など横のつながりを生かして、子どもが小さいうちから『ウリ』とつながる関係を持つのはとても大切」と笑顔を見せた。

(民族教育支援部)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「すみだしぐさ2012(スカイツリーオープン区民祝賀祭)」
【主催者】東京青年会議所 墨田区委員会
【日時】 2012年5月19日(土)
【場所】 東京スカイツリー ソラマチ4階 広場
【参加数】 テレビの報道では土日で40万人、青商会からは5人が参加手伝い
【簡単な流れ・感想】
2009年より墨田JC主催で行われている「すみだしぐさ」。

東京スカイツリーオープンを機に観光都市として、「江戸しぐさ」をもとにおもてなしの心を育もうという趣旨の下、舞台上で日本の子供たちに挨拶やマナーの大切さを教える催しです。
今回は、東京スカイツリーのオープンイベント上で開催され、同じ場所でわんぱく相撲の表彰も行われました。
わんぱく相撲に優勝して、舞台でしこを踏む日本の学生を見て、ウリハッキョの学生が先週のわんぱく相撲で優勝していたら面白いことになっていたなと感じました。
午前中の準備から参加しましたが、JCの方々から「いつもご協力ありがとうございます。朝鮮学校の生徒さんにも目立つ場所をたくさん用意出来たらいいですね。」と言っていただきました。
今後も日本で住んでいく以上、日本の方々との交流は青商会にとっても大事なことだと思います。 

前々会長が扉を開けてくれた墨田JCとの交流を我々の世代でより一層強固なものにしていきたいと思います。

(民族教育支援部)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■葛飾、墨田、江戸川青商会 東京朝鮮第五初中級学校 第66回運動会 
【日時】2012年5月27日(日)9時30分
【場所】東京朝鮮第五初中級学校
【参加数】学生以外に学父兄を中心に約250名が参加
【簡単な内容】快晴の中、墨田区八広の東京朝鮮第五初中級学校で第66回運動会が、盛大に行われました。
当日、学生以外に学父兄を中心に約250名が参加。夏の陽射しを思わせる晴天の下、学生達の熱い競技に加え、学父兄の競技も含め、計:27競技が行われました。青商会からも、葛飾、江戸川、墨田の現役会員、OBが多数参加しました。
特に江戸川会長は、三児のアッパとして大活躍し、校庭を何週も走っていました。
また、来年4月就学予定の、多くの親子も学校に訪れ、学生達のたくましく凛々しい競技に一緒に歓声を送り、お昼時間には、地域で集まり、持ち寄ったお弁当を囲むことにより、地域同胞との交流とウリハッキョへの理解を深め、4月の入学に前向きな声が聞こえてきました。
競技の終盤、学生・教職員対抗リレーでは、巨漢の校長先生を学生達が担いで運動場を走る姿を見て、一番の歓声と拍手があがりました。
気温も第五学校も熱く盛り上がった一日となり、多くの同胞がウリハッキョの重要性を認識し、子供達の為に、また在日同胞の為に、ウリハッキョを護って行く事を強く感じられた一日となりました。
※学生も学父兄も強い陽射しで日焼けしていましたが、江戸川会長は運動会前も、終了後も同じ顔色でした。

(葛飾青商会会長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「第36回わんぱく相撲足立区大会」

【主催者】 公益社団法人東京青年会議所
【日時】 2012年5月27日(日)
【場所】 西新井大師 光明殿
【参加数】 第四学校学生含め100名以上
【簡単な流れ・感想】
真夏を思わせる陽射しの中、先ず都大会進出をかけた学年別の個人戦が行われました。
高学年の土俵は、今大会に期する子供達の熱気に包まれ、いやがおうにもヒートアップの様相を呈していました。
第四学校の子供達は短い練習期間ではありましたが、よく健闘し、4年生男女1名ずつ、5年生男子1名、6年生全員が決勝トーナメントに進出し、6年生女子1名が優勝し都大会進出を果たしました。
個人戦に続き、学校対抗戦が行われました。
学校対抗戦も個人戦同様に子供達の熱気に包まれました。
第四学校から2チーム出場し、Bチームが決勝に進出しました。
決勝は、個人戦6年生の部を圧倒的な実力で優勝した子供が大将を務める学校と戦いました。
余談ですが、この大将の子供は、街の相撲クラブで日々汗を流し、当日はマイまわしを締め、威風堂々、四股ひとつで辺りの度肝を抜いていました。
さて話を戻し決勝戦。
第四学校の子供達は善戦しましたが、惜しくも敗れました。
学校対抗戦では、準優勝と第四位の成績を残しました。
表彰式後、準優勝の『準』の字を来年は返上しようと、子供達は誓いを新たにしていました。

簡単な感想
他校の子供達とすぐに打ち解け会う姿から、この様な草の根の交流の大切さを感じました。
またこれからも子供達の為に出来る事をやって行こうと思いました。

(足立青商会会長)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今後の予定
 
6月2日(土)
台東青商会BBQ

6月4日 (月)
東京青商会常任幹事会

6月9日 (土)
東京青商会16期総会

6月12日 (火)
台東青商会総会

6月23日 (土)
中央青商会総会

6月24日 (日)
ウリ民族フォーラムin宮城