LINEで送る

バッティングの不良例としてドアスイングがあげられます。 ドアスイングでは慣性モーメントが大きくなりますが、慣性モーメントが大きい、回転半径が大きいということは実はスイングスピードを上げる要素でもあります。 今回はお伝えしたことを簡潔にまとめると・・・ 手首をコックの動きにして、トップハンドの肘をおへそに入れる バッティングで大切な要素になる「トップ」の解説になります。. その結果、体重移動では体を十分に加速して 右足→左足 への重心移動をスムーズに行えていません。. 野球ではバッティングに限らずに、ピッチングでもトップと言う言葉が使われます。. この動きがあるために、 体全体の重心が軸足に残りやすくなり、二塁方向にバランスを崩しやすくなってしまいます。. 野球のバッティングでは、読み打ちや反応打ちと言う言葉があります。また「狙い球を絞る」という言葉もあります。今回はそんな「読み打ち・反応打ち・狙い球を絞る」というバッティングの解説です。バッティングが上達するには、自分が打てるボールを打つことになりますよ。 こんにちは!現役野球プロコーチの前田祐二です。 毎年300人以上を個人指導している経験から得た知識を発信していきます。 目次 1 少年野球でのバッティングの教え方について1.1 コーチングとは?2 少年野球の選手に多い間違ったバッティングフ 少年野球のバッティングの4つのコツとは? バッティングを上達させるには、なぜダメなのか、原因をさぐる必要があります。 ダメな原因をひとつずつ取り除くことで上達へのコツにつながり、最も効果的に成長させることができます。 バッティングにおける「 タメ 」とは、トップを作ったときの軸足の力の入れ方です。 スイングを始動する直前にトップを作ったとき、 軸足の内転筋に力を入れて軽く内旋 させるイメージでタメを作ります。 少年野球で攻撃に関する練習を行うにはどのようなメニューが理想的なのでしょうか。少年野球の試合で効率よく得点をあげることができるように、実践したい基礎となる10種類の練習メニューとその具体的な練習方法、そして上達するためのコツを詳しく解説します。 バッティングの軸足で気を付けるべきこと3選」にて詳しくわかりやすく的確にお伝えしていますので是非ご覧ください。 まとめ. 浅川梨奈。大好評発売中の「ヤンマガデジタル写真集」より厳選カットをチラ見せ!浅川梨奈ちゃんのヤンマガデジタル写真集第2弾『常夏の記憶』。グラビアデビュー時の奇跡の瞬間をたっぷり収録! ミラクルガールなぁぽんの輝 … 右半身に体重が残ったまま、体重移動をしている形になっています。. バッティングにおいて、「トップ」の位置はその後の動作やバットの軌道に大きく影響します。この最初の位置が決まってないと正確なミートがしにくくなります。トップがつくれない場合の傾向や、トップを修正する練習方法を公開中! よくバッティングでトップを作れ、トップが浅い、トップの位置などと聞いたり指導されたりしませんか?そもそも、このバッティングのトップとは何でしょうか?今回はバッティングでは重要なトップに迫りたいと思います。バッティングのトップとは! バッティングのトップは、バットを振りに行く前の形. トップページ >バッティングフォーム > 打つ スイング編part6 トップの位置からの振り出し方 part5の下半身の動きと合わせて、上半身もスイングを始動させていきます。 では、その動きを見てみましょう。 トップの位置からボールの軌道に合わせる動作 確かにスイングの写真などを見てみると、ホームランを打った時の写真ではほとんどの場合軸足(捕手側の足)に体重が乗っていますよね。, しかし、バッティングの一連の流れの中でいうと、軸足に体重を残しっぱなしでスイングするのは正しくありません。, 踏み込みの際に後ろから前へ体重移動をした上で、最終的にフォロースルーで再び軸足に体重が戻ってきているだけなのです。, そこで今回は、バッティングの際に勘違いされることが多い「体重移動の正しい方法」について解説していきます。, バッティングの体重移動を語る際には、野球の指導現場でもよく混同される「体重」と「重心」の定義の違いについてハッキリさせておかなければなりません。, バッティングの際に言われる体重移動とは、捕手側の足(軸足)から投手側の足(踏み込む足)へと体重を移動させることです。, バッティングフォームの流れの中で、左右の足にかかる体重の比率を変化させながらスイングします。, 野球で良く言われる重心移動とは、例えば守備の時に地を這うようなゴロを捕球するときの、腰を落とす動作が当てはまります。, 重心を落とすことで体は安定しますが、裏を返せば自由な動作がしにくいとも言えるのです。, メインで体重をかける足を素早く入れ替えながら、鋭い回転動作で速いスイングを実現するわけですね。, タイミングが合っていれば、スイングにそれほどスピードが無くても芯で捉えることで強い打球が飛びます。, 逆にどんなに豪快なスイングをしていても、タイミングが合っていなければボテボテの内野ゴロかポップフライになるでしょう。, 打球に力を効率的に伝えるために重要な体重移動は、どのタイミングで行えばいいのでしょうか?, バッティングフォームは様々ですが、構えの段階では体重は捕手側の足(軸足)にあるか、左右の足に均等にかかっているはずです。, そこからスイングをしてミートに向かうとき、徐々に投手側の足(踏み込む足)に体重移動していくのです。, ですから、インパクトの瞬間は前側の足(踏み込む足)に体重が乗っているべきだということですね。, その後、インパクトからフォロースルーに移行するとき、再び軸足側に体重移動を行います。, 踏み込む前足側に体重を残したままだと、身体がピッチャー方向に突っ込んで打球が上がらなくなってしまいます。, ですから、フォロースルーに移行するところで徐々に軸足に体重移動して戻していくのです。, プロ野球選手がホームランを打ったときの写真などは、多くの場合この第二段階の体重移動が起こったところで撮影されています。, しかし実際には、バッティングの流れで常に軸足に体重を乗せたままでは強い打球は打てません。, そこを指導者やプレーヤーが勘違いしていると、間違った体重移動でスイングを覚えてしまいますから危険です。, もう少し詳しく、バッティングフォームを5分割して理想的な体重移動の方法を掘り下げていきましょう。, スイングを始動する直前にトップを作ったとき、軸足の内転筋に力を入れて軽く内旋させるイメージでタメを作ります。, この画像の坂本勇人選手のバッティングフォームのように、軸足の膝が内側に絞れているのがタメが出来ているお手本です。, タメがしっかり作れていると、この後の体重移動や体の回転動作による爆発的な筋力発揮を生み出すことが出来ます。, タメが出来ずに軸足が内側に絞れていないと、安定した軸回転が出来ないので鋭いスイングが出来ないのです。, バットのグリップは軸足側に残し、踏み込む足だけをピッチャー側にステップしていくのです。, このように身体を伸長させることで、反射を利用してその後の筋肉の収縮力を高めることが出来ます。, この時の体重移動のコツとしては、上半身をピッチャー側に折るのではなく、骨盤をそのまま水平に移動させていくということです。, これでは打球の弾道も上がらず、さらに体が前に流れているのでボールの体感速度も上がるでしょう。, 踏み込んだ足を地面に着いたら、そこから前足を軸にしながら伸ばしつつ回転していきます。, 軸足である右足は踵(かかと)から少し浮き始め、踏み込んだ左足はガッチリと地面を噛んでいます。, インパクトの瞬間に浮いていた右足の踵(かかと)が、再び地面に近づいてきているのがわかります。, ホームランを打った時のニュース記事に使われる写真は主にこの場面なので、それがバッティングの体重移動の方法で誤解を生む要因になっているのかもしれません。, ただ、最終的にしっかり軸足に体重移動できる選手は長距離砲が多いのは間違いありません。, バッティングは軸回転の運動ですが、実は前後の体重移動がとても重要な要素になっています。, 体重移動を理屈でも考えて習得するメリットとしては、どんなことが挙げられるのでしょうか?, 体重移動がしっかり出来ていると、細かく意識しなくても自然と理にかなったスイングに近づいていくものなのです。, もし体重移動を全くせずに、その場での軸回転だけでバットを振ろうと思うと、極端なダウンスイングになるかアッパースイングになるはずです。, バットを構えたときのトップの位置にもよりますが、高い位置でトップを作る選手が体重移動をしないと、そこから直線的にミートポイントにバットを下さなければなりません。, 投手が投げるボールの軌道に対して平行にバットを出すことが出来た方が、ミートできる確率は格段にアップするわけです。, 体重移動がしっかり出来れば、バットのヘッドがミートポイントに向かうまでに余裕が出来ます。, ドアスイングだとバットのヘッドの重さが腕に伝わりやすいので、どうしてもヘッドは下がります。, 力いっぱい振ってもバットに力が伝わっていないので、ピッチャーが投げるボールの球威に押されます。, さらに、単純に体重移動という位置エネルギーを味方に着けられるのでバットスイングのスピードは上がります。, これはいわゆる「ヘッドが走る」という状態で、見た目にはあまり力を入れていないように見えても鋭いスイングが出来ます。, 横から見ると、骨盤をキャッチャー側からピッチャー側に滑らせるように体重移動していますよね。, 体重移動の幅が大きい分、トップを作る動作を始動するタイミングを早めに行わなければならないという特徴があります。, おそらく、ピッチャーの投げる平均球速が速い上に、手元で微妙に動く変化球が多いことが関係しているのではないでしょうか。, 体重が重い選手なら少ない移動幅でもパワーが出せますし、回転式の体重移動を採用するメリットも大きいと言えるでしょう。, 自分の身体に合ったやり方で、気持ちよくバッティングが出来る方法で体重移動を行いましょう。, バッティングの体重移動を上手く行うために、意識すべきポイントを2つご紹介していきます。, 体重移動をしっかりしようという意識が強すぎると、踏み込んだ足を着くステップ幅が広くなりすぎることがあります。, ステップ幅が広すぎると、かえって上体が反り返ってスウェーバックという状態になります。, また、ステップした足(踏み込んだ足)を軽く内側に捻っておく(壁を作る)ことも重要なコツです。, 理にかなった身体の動き方ではないので、足を内旋させたままピッチャー側の足を踏み込むということを意識してください。, バッティングの正しい体重移動を習得するには、いつもより大げさに体重移動を意識した練習をすることも有効です。, ピッチャー側の足を振り子のように振り上げ、その反動も使ってスイングする打法になります。, どの打ち方も、しっかり後ろから前への体重移動が出来ていないと強いスイングが出来ません。, その場での軸回転だけでは難しい打ち方なので、自然と体重移動を行うことになるでしょう。, もしこのバッティングフォームがしっくりくるなら、そのまま試合でも使えばいいわけですからね。, バッティングの正しい体重移動を習得することは、全身のパワーを余すところなくバットに伝えるための必要手段になります。, 特に体重が軽い選手や腕力があまり無い選手は、体重移動のコツをマスターすることでバッティングに劇的な変化が訪れるはずです。, 身長が低くても、細身でもホームランや長打が打てるようになる、そのためには体重移動の基本を習得しておきましょう!, 野球のスイングで近年良く言われるのが、「レベルスイング」の重要性です。 昔のアマチュア野球界は、「ダウンスイング」という教えが一般的でした。 ゴロを打った方が、相手守備陣の「捕る・投げる」という工程を踏む中でエラーや内野安打も期待できるという考え方も一因です。 しかし最新の理論では「フライボール革命」と言って、要はゴロよりもフライを狙うよう, 野球のバッティングで、理想的なスイングとして指導される「インサイドアウト」 言葉だけ聞いても、イメージはなかなかつきにくいものですよね。 でも確かに、プロ野球選手などバッティングの上手い選手はインサイドアウトのスイングを身に着けています。 実際のところ、インサイドアウトとはどのようなスイングのことを指すのでしょうか? そこで今回は、野, 野球をやっていると、現場で良く言われる「ヘッドを走らせる」という言葉を耳にすることがあると思います。 指導者の立場であれば、もしかしたら一度は「もっとヘッドを走らせて」とか、それに近いフレーズを発したことがあるかもしれません。 しかし、言われた選手や言った本人が、「ヘッドを走らせる」という言葉の意味をしっかり理解しているかどうかは疑問です。, 小学生から根っからの野球大好き人間です。自分が本気で野球に取り組んでいた経験はもちろん、現在は柔道整復師として接骨院の院長を務めております。野球の練習方法やトレーニングだけでなく、身体の仕組みからみた正しいケア方法なども発信していきます!. 松井 秀喜は、2001年に首位打者、3度の本塁打王と打点王を獲得し、通算成績は読売ジャイアンツでは、1268試合、打率.304、332本塁打、889打点で、mlbで1236試合、打率.282、175本塁打、760打点の通算記録を持つ日本を代表する強打者として活躍しました。 トップの位置の見極め方は、動画などで自分のバッティングフォームを撮って、トップの位置の背景の画像と照らし合わせながら見ると動いているのか、動いていないのかがわかりやすいです。 今回はバッティングにおいて目の位置で打ち方が変わる、 という事について説明していきます。 【打つバッターの目線】 実際に比較して見て下さい。 プロの選手でさえボールにバットが当る瞬間というのは速すぎて見えていないんですが、 腰の回転では、どの場所を起点として腰を回していくのかが重要で、これは体重移動と密接な関係なので覚えておきましょう。 画像のように赤い縦の棒が中心線です。 体重移動したときにこの中心がぶれてしまうとうまく腰が回せなくなります。 例えば、体重移動した際に中心をピッチャーよりに動きながら腰を回してしまうと体の開きが早く突っ立ったスイングになり力強いスイングができません。 腰を入れて打つとは、こういった体の軸がぶれずにスイングをすることなのです。 現役プロコーチが教える最先端野球メソッド 前田祐二式ベースボールアカデミー「LOS」, 現役野球プロコーチで毎年300人以上を個別指導しています元オリックスバファローズの前田祐二です。, 2017年より指導者として延べ1000人以上を見てきた経験とプロ野球での経験をもとに、すこしでも役に立つ情報を発信していきます。, もちろんこれだけではないですが、上手くなるためには「何をするか」ではなく「何をしないか」が大事になってきます。, 経験上、上達が早い選手とは、余計なことをせず1つの課題だけに向き合う選手が多いです。, かなりアバウトな書き方で申し訳ないんですが、ここでは①バットの動かし方と②バットの出し方、を解説したかったのでこんな見出しになってます。, 手首の力が強くない小中学生、高校生にしてほしくない動かし方から紹介しますので下の画像を見てください。, この2枚は同じ手首の使い方をしていますが、トップハンド(バットを握っている上の手)の甲が空を向くような手首の使い方ですね。, なぜダメなのかというと、ここからスイングをすると、180度手首を動かしてこないといけませんので、回してくるのに精いっぱいでバットが前方に出てこずヘッド(バットの先端)が下がりすぎてしまうためです。, 実際にバットをもってやっていただくとわかりますが、インパクトポイント(バットとボールが当たるところ)にいくまでに無駄な動きが多すぎます。, 「コック」という手首の動きを使うと、手首の動かす角度は90度以内ですみますので、無駄な動きが減りスムーズにバットがインパクトポイントにでてきます。, ※コックがわからない場合は「バッティングでボールに当たらない理由5選」の記事中に説明していますのでそちらをご覧ください。, まずはコックの動きを練習して無意識にできるようになるまで意識して練習してください。, バットを前方にだしていくときは後ろの肩の頂点よりも下からバットが出るようにしてください。, って言葉でいってもイメージできないと思いますので、僕が以前Twitterでつぶやいたツイートを例に出しますね。, 肩よりも下からバットが出てきて、レベルスイングのラインに入るのが早い。だからボールを捉えるためのレベルスイングの距離が長くなりどのコースでも芯でとらえやすい。お手本ですね⚾️こういうバッターのほうが投げてて嫌。 https://t.co/pqQw5S0NR7, ヤクルトの青木宣親選手のバッティング動画ですが、振り始めてからすぐにバット軌道が肩の頂点よりも下がってきてるのがわかると思います。, こういう風にバットを出すためには、振り始めたらトップハンド側の肘がおへそのほうにはいってこないといけません。, この練習をするときの注意点として逆手にバットを握った時の下のほうの手で、バットを振るくらいの意識を持ってください。, 次に踏み込み足が地面に着いた時のことですが、「足を着いたときの頭の位置は軸足のヒザの内側の真上」というのを必ず覚えておいてください。, 【 #バッティング 】踏み込んだ後の頭の位置についてです。4枚の写真を載せてますが、これは《踏み込んだ後からインパクト後》までの写真です。頭の位置が動いてないのがわかると思います^_^最低でもここまでは頭を動かなさいように練習しましょう!超一流はフィニッシュまで動きませんよ!#野球 pic.twitter.com/F6GEOamJTq, この写真を見ていただいたら分かりやすいと思いますが、左上の写真が踏み込んだ時です。, 踏み込んだ時はまだ軸足のほうに体重が残っている状態じゃないと、いわゆる「体が突っ込んでいる状態」になってしまいます。, 「バッティングでボールに当たらない理由5選」にも載せていますので興味があればご覧ください。, 打撃・投球・守備、すべての動作においてこれができていなければ良いプレーはできないといえるでしょう。, 軸足については「超簡単!バッティングの軸足で気を付けるべきこと3選」にて詳しくわかりやすく的確にお伝えしていますので是非ご覧ください。, 初めにも言いましたが、「何をするか」ではなく「何をしないか」を考えて多すぎる情報をカットしていってください。, また記事中に出てきたTwitterは僕が毎日更新している「野球指導系Twitter」になります。, Twitterでは、「バッティング・ピッチング・栄養・メンタル・やる気を出す・少年野球」など野球に関連する情報を発信しておりますので、興味があればのぞいていただき、気に入ればフォローをお願いいたします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, こんにちは!2009年NPBドラフトでオリックスバファローズから4位指名を受け、現在は野球プロコーチとして年間200名以上の個別指導をしています前田祐二です^^2020年9月1日にベーストピア株式会社を設立し、代表取締役に就任。そして「BASEBALL DREAMS」という全世界どこにいてもNPB、独立リーグ、大学のスカウトにアピールができるオンラインスカウト事業をスタートさせました。中学生から野球を始めてプロ野球選手になった珍しい経歴の持ち主です。高校は大阪府立富田林高校、大学は1度中退し1年間野球をせずに龍谷大学に受験で入学、その後独立リーグのBCリーグ福井ミラクルエレファンツに入団し、最多奪三振のタイトルをひっさげて2009年ドラフト4位でオリックスに入団、というなんとも雑草な経歴です(^^;)こんな変な経歴の僕がどうしてプロ野球選手になれたのか?それは「ご挨拶」で詳しく話していますので興味があれば読んでいってください^^在籍:オリックスバファローズ2009年ドラフト~2015年引退1軍通算成績:7勝7敗4ホールド 防御率2.98, 2020年9月1日にベーストピア株式会社を設立し、すべての野球人の道しるべとなるべく「BASEBALL DREAMS」を立ち上げました。どんな境遇・環境におかれている選手でも、能力以外の理由で野球をあきらめることのないよう、どこに住んでいてもどこのチームに所属していても平等にスカウトしてもらえるようになります。すでにNPBスカウトが登録済みです。高校生以上なら誰でも無料で登録できますので、1歩踏み出す勇気をもってあなたの可能性を広げてみてはどうでしょうか?, 現役プロコーチが教える最先端野球メソッド 前田祐二式ベースボールアカデミー「LOS」 by, 股関節に体重を乗せ、ヒザをタイミングよく内側に入れてきて、かかとを上げてインパクトポイントで力を爆発させる. 野球のトップとは「始動直前の動作」を指します。. バッティングフォームの基本を知りたい方いませんか? 本記事では、バッティングフォームの基本を元プロ野球選手の私が日本式、アメリカ式を基に解説しています 練習方法も紹介しています。 バッティングフォームの基本を知りたい方は是非どうぞ。 バッティングに必要な力とメカニックとは! バッティングの始動はスイングから、スイングはまず、下半身から動きます。このとき上半身も 動きますが下半身と同時に動くのではなく、遅れて動くことが大事です。さらに、バットヘッド・・・ ピッチングのトップは、ボールを後ろにテイクバックして肘の外旋が終わった時. 【半田バッティングスクール】 〒475-0838 愛知県半田市旭町3丁目11-1 tel: 052-629-4313 【ビーワン鍼灸治療院】 一宮ベースボールジム 1f 〒491-0922 一宮市大和町妙興寺平蔵70 tel: 0586-64-9613 土日 定休日 【碧南バッティングセンター】 〒447-0087 愛知県碧南市栄町1丁目16

サッカー 事件 死亡, トミカ 50台セット サービスエリア, ミニ四駆 コースレイアウト アプリ, サトノ ジェネシス 怪我, 大日本帝国 復活 海外の反応, 家系ラーメン ランキング 埼玉, 森麻季 アナウンサー 旦那, ナポリ ブログ サッカー,