LINEで送る

ここ最高に熱かったよな . JC応援企画 28日迄4980円→4680円 入手困難品コントレイルデアリングタクト2頭セットマスコットサイズとなります。新品購入後、暗所保管タグ付きです。競馬jra三冠ゼッケン 年内、ジャパンカップ、有馬記念連勝、3歳無敗のまま引退 . コントレイルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. OKfarm / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0), 2019年の秋にデビューを果たしたコントレイルはデビュー戦で圧倒的1番人気に支持され勝ち切ると、続く東スポ杯2歳ステークスも勝利します。, 2連勝を飾ったコントレイルが次走に選択したのは暮れのG1ホープフルステークスでした。2017年からG1に昇格したホープフルステークスでも1番人気の支持に応えて勝利しました。, ホープフルステークスを制し、2歳のG1タイトルを手にしたコントレイルは弥生賞・スプリングステークスといった皐月賞のトライアルレースを挟まずに皐月賞へ直行することが発表されました。, デビューから無敗で3連勝、その勝ちっぷりも派手なコントレイル。今年のクラシックにおいて有力候補の一頭として立ち上がったコントレイルの強さの源は一体どういうものなのでしょうか。, 今回は2歳で華々しい活躍を見せたコントレイルがクラシックへ向けて羽ばたくに当たって、コントレイルの強さの根源をまとめました。, ロードクロサイトは現役時代こそ勝ち星を手にすることはできませんでしたがロードクロサイトの母に当たるフォークロアはアメリカのG1であるブリーダーズカップジュビナエルフィリーズを制しました。, 元々はディープインパクトではなく新種牡馬のキズナとの交配が求められていましたがロードクロサイトはキズナの母にあたるストームキャットを3大父として持っていました。, インブリード(近新配合)の関係から、キズナではなくディープインパクトが交配相手として選出されました。, 福永祐一騎手の手綱のもと、逃げるフレーヴォをもったままで捕らえるとそのまま後続を突き放して2馬身半差つけて完勝しました。, 続く東スポ杯2歳ステークスは新馬戦で騎乗した福永祐一騎手が騎乗停止処分を喰らっていたため短期免許で来日していたR・ムーア騎手が代打騎乗することとなります。, この年の東スポ杯2歳ステークスは8頭しか登録馬がおらず、小頭数となりました。しかしながら新馬戦で1.1倍の圧倒的人気に応えて勝利したアルジャンナ、ディープインパクト(G1を7勝)×アパパネ(G1を5勝)の12冠馬の仔であるラインベックといった有力馬がそろい、小頭数ながらも素質馬がそろいました。, コントレイルは中段くらいの位置で競馬をしましたが直線に立つと前を走るマイネルデステリョやラインベックを捕らえにかかります。ここでもあっさり他馬を捕まえるとあとは置き去りにするかの如く後続を突き放し2着馬アルジャンナに5馬身つけて勝利します。ラップタイムは1.44.5で2歳の東京芝1800mのレコードタイムを更新しました。, この年最後のレースは一昨年からG1に昇格したホープフルステークスでした。暮れの2歳G1は朝日杯FSもあります。, 当初はコントレイルに距離問題がささやかれていましたが東スポ杯の勝ちっぷりを見た矢作調教師は2000mのホープフルステークスでも結果を残せると確信します。, ホープフルステークスでは前走東スポ杯2歳Sで完封したラインベックが参戦し、その他にも, しかしながら前走東スポ杯2歳Sで強い競馬をしたコントレイルはここでも1番人気に支持されます。, 福永騎手とコンビを再結成して挑んだホープフルステークスは先行競馬に徹し3コーナーから徐々に進出を開始。4コーナーにかけて前に躍り出るとほとんどもったまま馬が先手に立ちました。最後の直線で1度だけ鞭を入れましたが後続をものともせず暮れのホープフルステークスを勝ち切ったのです。, 無敗でホープフルステークスを勝ったコントレイルは同じく3戦3勝で朝日杯FSを制したサリオスを抑えて見事この年の最優秀2歳牡馬に選出されました。, 「想像以上の競馬。1800mが限界と福永騎手と話していましたが、想像以上に強かったです。」, 「当初は朝日杯FSを考えていましたがホープフルステークスから王道を歩むことになると思います」, 「強かったですね。最後の良く伸びてくれました。レコードタイムでしたがそれほど速い時計が出るとは思いませんでした。トップクラスの能力があると思います」, 「流れに乗ってよい競馬はできましたが勝ち馬にあの勢いで来られては仕方がありません」, 「上手く立ち回ってくれましたね。スタートも上手で良い感じで運べました。東京でレコード勝ちしたときは速い時計の出る馬場でしたし、今日は時計のかかる馬場で、求められるものが違う両方の条件で結果を出せたことは評価できます。楽しみなパートナーとクラシックに挑めることがジョッキーとして楽しみです。」, デビュー前から牧場関係者がコントレイルの馬体を来場したお客様に自慢したいほど素晴らしい馬体を持っていたことはお伝えしました。その素晴らしい馬体を活かしてコントレイルはレースでもそのポテンシャルを如何なく発揮しました。, 特に暮れのホープフルステークスのパドックでは一部のファンから一頭だけ際立って完成度が高くてなおかつ緩みのない体型として評価され、中にはディープインパクトの生写しと評価する人もいたほどです。, 実際にコントレイルの馬体はディープインパクトの仔らしく足長で腰のラインもよく、胸前、トモにおけるラインが非常に見栄えよく、強い競走馬に求められる馬体の要素が詰まっていたのです。, 例年皐月賞は弥生賞やスプリングステークス、共同通信杯をステップに挑む馬が多いのですが、中にはホープフルステークスからぶっつけで挑む馬もいます。, 例えば2016年に当時G2だったホープフルステークスを勝ったレイデオロはホープフルステークスから皐月賞へ直行しました。皐月賞の結果は5着でしたが続く日本ダービーを見事勝利しダービー馬として君臨します。古馬になってからも天皇賞(秋)をはじめ多くの重賞路線で活躍し、最終的にはG1タイトルを2勝。重賞5勝をあげ引退しました。, また、2018年のホープフルステークスを制したサートゥルナーリアも直行で皐月賞を選択し、ダノンキングリーやヴェロックスを抑えて見事優勝しました。サートゥルナーリアは皐月賞馬として暮れの有馬記念にも挑み2着に健闘しました。中山適正が非常に高かったといえるでしょう。, このように近年ホープフルステークスからの直行で結果を出す馬、もしくは皐月賞で敗れはしたもののその後飛躍する馬は増えてきています。, 皐月賞はこのホープフルステークスと全く同舞台ということもあり朝日杯FS組よりも好走する馬が多いのは事実で、朝日杯FSを制して皐月賞を制した馬は2013年のロゴタイプまで遡らないとといけません。また、朝日杯組は皐月賞の結果次第でNHKマイルCを選択する馬も多く、どうしてもマイル路線に傾く傾向が強いです。, しかしホープフルステークスは典型的な中距離舞台でここを制した馬は今後の中・長距離路線でも結果が見込めますね。, 恐らくコントレイルは春の皐月賞からダービーに挑み、秋は神戸新聞杯もしくはセントライト記念を叩いて菊花賞を目指すのではないかと考えられます。, さて、コントレイルは3戦3勝と無敗のままクラシックの一冠目である皐月賞に照準を定めました。, 現時点でクラシック最有力であることは間違いありませんが勝ち負けするには相手関係を調査する必要もありますよね。, 新馬戦→サウジアラビアロイアルカップを制し、2戦2勝で挑んだ朝日杯FSを勝ち切りました。, 3戦3勝という点はコントレイルと全く同じでそれどころかこれまで全く負けなしという点まで同じです。, コントレイルのライバル的ポジションとなりましたがデビューから3戦全てマイルでしか走っていないため距離不安はサリオスのほうが強いでしょう。, サリオスは皐月賞トライアルであるスプリングステークスを選択します。中山の芝1800mでどこまで通用するかは分かりませんがここで結果を残せたら皐月賞でも有力候補の一角になるでしょう。, 今年の初戦に挑んだ共同通信杯で1番人気に支持されるも、直線で伸びを欠いてまさかの4着に敗れてしまいました。, デビューから手綱を握っていた武豊騎手をして「(伸びを欠いた原因について)分かりません」というほどキレ負けしてしまいました。, 2歳のパフォーマンスの高さからクラシック有力候補でしたが共同通信杯の敗因で評価を下げたのは事実です。, 皐月賞は中山開催最終日ということもあり、基本的にはタフな馬場になりがちです。共同通信杯の時のように馬場がタフになるようでしたら評価を下げてもいいでしょう。, デビューは函館の新馬戦。その後札幌2歳ステークスで3着、中山の葉牡丹賞で3着と、勝ち星は新馬戦のみでした。, しかし3歳初戦に選んだ共同通信杯は想像以上にタフさが求められる中、ルメール騎手の手綱のもと脚を活かすことが出来、2着馬ビターエンダーをハナ差で押さえて見事勝利しました。, コントレイルやサリオスほど強いパフォーマンスはできませんでしたが粘り強さは共同通信杯で証明されました。, 元々札幌2歳ステークスの重い馬場で馬券に絡んでいるように高速馬場よりは力の要る馬場のほうが向いています。次走皐月賞がタフさを求められる舞台であるのなら面白い一頭になるでしょう。, 少し余談話になりますが、12月に入ってコントレイルに武豊騎手が騎乗する話が一部で報道されていました。, 理由は二つあり、一つは武豊騎手の持ち馬であるマイラプソディが京都2歳ステークスを制した後、次走に共同通信杯を選択。ホープフルステークスを回避したためです。, もう一つは東スポ杯2歳ステークスに出走したラインベックに元々騎乗していたのは福永騎手でした。, 福永騎手がラインベックに騎乗し、コントレイルに空いた武豊騎手が騎乗することでG1昇格後のホープフルステークスを武豊騎手に勝たせてあげるのではないかという話が出ていました。, 結局のところ、コントレイルには福永騎手が再び手綱を握り、ラインベックは岩田康成騎手が騎乗したためにこの話はなかったことになりました。, 簡単ではありますが最優秀2歳牡馬であるコントレイルについてまとめさせていただきました。, 2歳の時点で完成された馬体、そしてレースのパフォーマンスから巷では怪物ともいわれているようですが本当に怪物かどうかは春のクラシック路線を走ってから分かるでしょう。, コントレイルにとって最大のライバルは無敗のサイオスですが、サリオスと比較すると距離不安は全くないためコントレイルのほうが信頼に置けます。, 恐らく皐月賞でも1番人気に支持されることは間違いないでしょうしそれだけの結果を出せるだけの素質は秘めています。, 2020年の3最前線を引っ張れる存在になれるのか、今後のコントレイルに注目していきたいですね。, JRAカードを発行すると、インターネットからJRA競馬場指定席が先行予約可能なJRAカード会員に登録可能です。JRAカードを持っていない一般会員よりも一週間早く予約でき、JRAカード会員のみ申し込める先行抽選に加え、一般抽選にも申し込めるので抽選チャンスが1回から2回に増えます。JRA競馬場の指定席をより確実に確保したい方にはおすすめです。, 初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))で、カードデザインはシンプルなJRAロゴもしくは名馬11頭のデザインから選ぶことができます。ネットからすぐに申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方はぜひ以下の記事を参考に申し込みをしてみてください。, >> 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. 【追い切り評価】2020菊花賞!コントレイルは坂路で終い時計かかったがどう見る? 【100%データ】菊花賞で相手として絶対に選んではいけない馬.オススメはこの2頭. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトJBISサーチの、コントレイルに関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 English; Japanese; HOME > 馬情報検索 > コントレイル . コントレイル デアリングタクト クオカード 1000円分 JRA 競馬 三冠 QUOカード(ヤフオク! )は6件の入札を集めており、2020/10/25 21:04に終了します。 希少!★2020 ジャパンカップ アーモンドアイ コントレイル デアリングタクト 東京競馬場現地クイックピック単勝3枚セット★の出品です。落札後24時間以内に取引できる方お願いします。落札後24時間以内に取引できる方お願いします。数日間にわたり連絡、入金ない場合には落札者 コントレイル. 3: 風吹けば名無し 2020/12/03(木) 17:15:31.51 ID:OhNDQLlNd. アカネコントレイル Akane Contrail 牡 鹿毛 2015年2月5日生 4歳 父:ロードカナロア 母:スギノセンヒメ 母の父:フォーティナイナー 通算成績:15戦1勝[1-1-0-13] 最終出走馬体重:474kg 中央獲得賞金:50.0万円 地方獲得賞金:314.9万円 【無敗の三冠馬コントレイル】 現地馬券 単勝、複勝2種馬券セット 菊花賞 商品説明 無敗の三冠馬が誕生。入場規制がかかる中で、淀の京都競馬場、現地で馬券を購入しました。現地馬券です。 菊花賞、JRA京都のコントレイル名が入る馬券2種のセットです。 コントレイルは中段くらいの位置で競馬をしましたが直線に立つと前を走るマイネルデステリョやラインベックを捕らえにかかります。 ここでもあっさり他馬を捕まえるとあとは置き去りにするかの如く後続を突き放し2着馬アルジャンナに 5馬身つけて勝利 します。 無料で過去数年間のヤフオク落札価格・情報を検索。 直近1年. アーモンドアイ不在の競馬界を牽引する馬として期待がかかるのは ... もし、ここでコントレイルに土をつける馬が現れるようなら、ニュースタ� アカネコントレイル Akane Contrail 牡 鹿毛 2015年2月5日生 5歳 父:ロードカナロア 母:スギノセンヒメ 母の父:フォーティナイナー 通算成績:42戦1勝[1-6-0-35] 最終出走馬体重:468kg 中央獲得賞金:50.0万円 地方獲得賞金:403.2万円 ※2019年1月24日落札 1: 風吹けば名無し 2020/12/03(木) 17:14:46.10 ID:PcY4kg5Qa. 速良/ 芝 2400 m 2 着 / 15頭 2.8 倍 2 人気: 有料会員限定: 4. 外からコントレイル!カレンブーケドールも来てる!3冠馬の共演だ! 2020/12/4 なんJ, ジャパンカップ. コントレイル(英:Contrail)[1][2]は、日本の競走馬。日本競馬史上8頭目(無敗での達成は3頭目[注 1])のクラシック三冠馬であり、父ディープインパクトと親子での無敗クラシック三冠を達成した[6]。三冠競走(皐月賞、東京優駿、菊花賞)以外の勝ち鞍は2019年のホープフルステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、2020年の神戸新聞杯[7]。2019年JRA賞最優秀2歳牡馬[8]。, 本馬の母・ロードクロサイトは父にアメリカのトップサイアーであったアンブライドルズソング、母に2005年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ優勝馬で、同年の米国2歳牝馬チャンピオンにも選出されているフォークロアを持つ良血馬である[9]。2011年9月に開催されたキーンランド1歳馬セールに上場された際、日本からノースヒルズ代表・前田幸治の代理として参加していた調教師の矢作芳人とノースヒルズゼネラルマネージャーの福田洋志にその血統の良さを見込まれ、38万5000ドル(約3000万円)で落札された[9]。その後日本へ輸入され、2歳になって栗東トレーニングセンターの矢作厩舎へ入厩して中央競馬でデビューし、2歳時は4戦して2着2回、3着2回という戦績でシーズンを終えたが、3歳になると二桁着順での大敗を繰り返した[9]。地方競馬へ移籍させて再起を図るという選択肢も浮上したが、7月の中京競馬場での未勝利戦を最後に未勝利のまま現役を引退し、北海道新冠町のノースヒルズで繁殖牝馬となった[9]。, ロードクロサイトは2014年に繁殖入りしてから初年度はゴールドアリュールが種付けされ本馬の半兄バーンフライ[2]、2年目はダイワメジャーが種付けされ半姉アナスタシオ[2]を出産した。福田によると、この2頭をロードクロサイトに交配させたのは将来的にディープインパクトを交配させることを見据えたものであり、ディープインパクトの産駒は小柄な馬が生まれる傾向があったため、最初の2頭がしっかりした馬体を持つ仔を生むか確認した上でディープインパクトを交配させることを決めたという[10]。バーンフライ・アナスタシオの二頭は十分な馬体を持って生まれ[11]、アナスタシオを出産した2016年の繁殖シーズンにロードクロサイトは初めてディープインパクトと交配され、これを受胎した[10]。なお、この年はノースヒルズ生産馬で2013年の東京優駿(日本ダービー)勝ち馬のキズナが種牡馬デビューしていたが、ロードクロサイトはキズナが母の父として持つストームキャットを3代父として持っていたためこの交配は行われなかった[12][注 2]。, 2017年4月1日、ロードクロサイトは青鹿毛の牡馬、後のコントレイルを出産した[12][14]。生後1週間ほど経った時に母・半兄・半姉を手掛けた矢作芳人から検分を受けたが[10]、矢作はその第一印象について「兄や姉とはタイプが異なり、"ディープを付けるとこんな馬ができるんだ"と思いました」と言い[15]、半兄・半姉とは違って大柄な体格を持って生まれたわけではなかったもののコンパクトにまとまった体型をしていた本馬を見て「ディープにそっくりだと思った」と振り返っている[16]。福田は牧場時代のコントレイルについて「ひと言で言えば、とても雰囲気のある馬で、カッコ良い馬でした」といい、「毛色に関して言えば祖父サンデーサイレンスゆずりの青鹿毛の真っ黒な馬体。バランスも良く、性格も素直で、スタッフの間でも人気の高い馬でした」といい、牧場に訪れた来客にも展示の機会があれば「トップクラスの1頭」として紹介して積極的に見てもらったほどの牧場にとって自慢の馬だったと振り返っている[12][9]。ノースヒルズでコンサルタントを務めるスティーブ・ジャクソンは、コントレイルを当世代の中でもトップクラスの馬としてたびたびリストアップし、年4回行っている全頭チェックの中でも常に高い評価を与え続けた[10][9][注 3]。一方で、キズナは生まれた当初から「ダービーを単勝1倍台で勝って無敗の三冠馬になる」という牧場スタッフもいたほど高い評判を獲得していたのに対して、福田と矢作は当時の本馬に対してキズナほどの活躍を想像をすることはできなかったという[10]。, 離乳までの約半年間をノースヒルズで過ごしたが、その間に怪我や病気にかかることは一切なく成長していった[9]。その後当時開場して間もなかった中期育成施設のノースヒルズ清畠に移動して約1年間を過ごした[10]。当施設を担当する岡研二は当時のコントレイルについて「独特の品の良さがありました。本当に無駄なことをしない、手のかからない馬でしたね」と当時を振り返っている[11]。繁殖マネージャーの佐藤雄輔は、本馬は人間に対して従順な性格だったため扱いに苦労することはなかったが、「キズナの時のように、"これは凄い馬になる"という印象までは感じ取ることはできませんでした」と明かしている[9]。2018年9月18日に鳥取県のトレーニング施設大山ヒルズに移動して育成調教を開始[10]。当施設マネージャーの齋藤慎は「もともと血統的にも期待の大きな馬でしたし、育成段階から光るものを感じていた馬です」[14]、「品があって、ディープ産駒らしく素軽そうだなと印象はもちろん良かった」[17]と振り返っているが、やはりキズナとの比較においては、「馬運車から下りてきた瞬間に強烈なオーラを感じた」というキズナとは違い、本馬に対しては「"兄姉よりは身体は小さいけれど、軽い歩きをする馬だな"と思った程度」だったといい[9]、他馬と比べて特別に目立つような感じはなかったという[10]。矢作によると本馬は同期の馬に比べて成長がゆっくりだったといい、本馬は球節に難があったことが影響して[18][19]育成期間の1歳時から調教を積めない時期が半年近くもあったため[18][20]、他の馬よりも本格的な乗り込みをスタートさせるのは遅かったという[14]。ただし、休養中に大山ヒルズのスタッフが脚元が完全に固まってから運動を再開したい旨を矢作に伝えると承諾を得て[17]、調教騎乗再開後は瞬く間に他の同期と同じメニューをこなすまでに回復した[17]。, 栗東トレーニングセンターの矢作厩舎に入厩する。装蹄は1991年の二冠馬・トウカイテイオーの装蹄を担当した柿元純司の息子である柿元裕望が担当することとなった[5]。柿元はコントレイルの蹄について「いい意味でコンパクトな蹄」であり[5]、「歩様はトモ(後肢)が突っ込むことなく、前後の力のバランスが良い」と感じ取ったという[5]。2019年9月15日、阪神競馬場芝1800メートルの新馬戦で福永祐一を鞍上にデビュー[23]。出走9頭の内、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持され[24]、直線で軽く仕掛けられると、メンバー最速の上がり3ハロン33秒5の末脚を繰り出して抜け出し[25]、2着に2馬身半差をつけて勝利を飾った[23]。福永は「センスが良く、勝ちっぷりも良く、言うことはありませんでした」とコメントしている[26]。, 次走は府中に遠征し、11月16日に行われた東京スポーツ杯2歳ステークス(東京競馬場芝1800メートル、GIII)に出走[27]。このレースから馬主名義が前田晋二 (個人名義)に変更された[28]。前の週の競馬で福永が斜行しこの日から騎乗停止処分を受けたため[29]、ライアン・ムーアが騎乗した[30]。両親に三冠馬[注 5]を持ち2戦2勝で臨んできたラインベックらとの対戦となったが[31]、単勝2.5倍の1番人気に支持された[30]。レース前に輪乗りで暴れ、これで振り落とされたムーアが左肩を強打するというアクシデントがあったものの[21]、1000メートル通過58秒8の速い流れから直線で力強く抜け出し[32]、2着のアルジャンナに5馬身差をつけ、2歳芝1800メートルのレコードタイムとなる1分44秒5を記録して優勝した[21][27][注 6][注 7]。 コントレイルの出走履歴 8戦 日付 開催 レース名 馬場天候 芝ダ 距離 着順/頭数 単オッズ 人気 idm 枠番 馬番 騎手 斤量 走破タイム(差) 勝ち馬(2着馬) コーナー順 前後3f(順) 馬体重 増減; 20/11/29 5回東京9日目 ジャパンカップG1. 競馬ニュース ; 競馬予想. 競馬; オークション落札商品 新品、未使用 デアリングタクト コントレイル クオカードセット。Club JRA-Net景品. コントレイル(英:Contrail) は、日本の競走馬。日本競馬史上8頭目(無敗での達成は3頭目)のクラシック三冠馬であり、父ディープインパクトと親子での無敗クラシック三冠を達成した 。三冠競走以外の勝ち鞍は2019年のホープフルステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、2020年の神戸新聞杯 。2019年JRA賞最優秀2歳牡馬 。 コントレイルの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 ホープフルステークスを制し、2歳のG1タイトルを手にしたコントレイルは弥生賞・スプリングステークスといった皐月賞のトライアルレースを挟まずに, 今年のクラシックにおいて有力候補の一頭として立ち上がったコントレイルの強さの源は一体どういうものなのでしょうか。, ロードクロサイトは現役時代こそ勝ち星を手にすることはできませんでしたがロードクロサイトの母に当たる, 続く東スポ杯2歳ステークスは新馬戦で騎乗した福永祐一騎手が騎乗停止処分を喰らっていたため短期免許で来日していた, コントレイルは中段くらいの位置で競馬をしましたが直線に立つと前を走るマイネルデステリョやラインベックを捕らえにかかります。, ここでもあっさり他馬を捕まえるとあとは置き去りにするかの如く後続を突き放し2着馬アルジャンナに, 福永騎手とコンビを再結成して挑んだホープフルステークスは先行競馬に徹し3コーナーから徐々に進出を開始。, 無敗でホープフルステークスを勝ったコントレイルは同じく3戦3勝で朝日杯FSを制した, その素晴らしい馬体を活かしてコントレイルはレースでもそのポテンシャルを如何なく発揮しました。, サートゥルナーリアは皐月賞馬として暮れの有馬記念にも挑み2着に健闘しました。中山適正が非常に高かったといえるでしょう。, コントレイルのライバル的ポジションとなりましたがデビューから3戦全てマイルでしか走っていないため, 中山の芝1800mでどこまで通用するかは分かりませんがここで結果を残せたら皐月賞でも有力候補の一角になるでしょう。, デビューは函館の新馬戦。その後札幌2歳ステークスで3着、中山の葉牡丹賞で3着と、勝ち星は, しかし3歳初戦に選んだ共同通信杯は想像以上にタフさが求められる中、ルメール騎手の手綱のもと脚を活かすことが出来、, 理由は二つあり、一つは武豊騎手の持ち馬であるマイラプソディが京都2歳ステークスを制した後、次走に, 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. 一口馬主とか競馬のおはなしとかイロイロ 一口馬主クラブ ノルマン・シルク、東サラに入会中. レース後、矢作は「想像以上の走りで驚きました。厩舎も福永騎手も1800メートルがギリギリと話していたので、想像を超える走りでした」と勝利を喜ぶと共に「当初は朝日杯(フューチュリティS)(阪神競馬場芝1600メートル)を考えていましたが、これでホープフルステークスから王道を歩むことになると思います」と今後のレース選択についてコメントした[37]。ムーアは前述のアクシデントによりレース後は医務室へ向かったためインタビューはキャンセルしたものの、「強かった。いい位置で我慢できて最後も伸びてくれた。こんなトップクラスの馬に乗れてうれしい」とコメントした[21]。矢作によると、レース後に2着のアルジャンナの管理調教師である池江泰寿から「ダービーは決まったね。(矢作)先生に全部取られた」と言われたが、これに対して矢作は「えー、そうかね」と思っただけだったという[38]。(競走に関する詳細は第24回東京スポーツ杯2歳ステークスを参照。), その後は予定通りホープフルステークス(12月28日、中山競馬場芝2000メートル、GI)に出走し[39]、鞍上には福永が復帰した[40]。出走メンバーにはアイビーステークスの勝ち馬ワーケア、萩ステークスの勝ち馬ヴェルトライゼンデ、芙蓉ステークスの勝ち馬オーソリティ、札幌2歳ステークス勝ち馬ブラックホールらが名を連ねたが、ここでも単勝2.0倍で1番人気に支持された[41]。レースは好スタートを切ると4番手を追走し、3・4コーナーにかけて手綱を引かれたまま徐々に進出し、直線に入ってレースを先導したパンサラッサをかわし、最後は追いすがるヴェルトライゼンデに1馬身半の着差をつけて優勝し、GI競走初制覇を果たした[41][注 8][注 9]。レース後、福永は「本当に上手に立ち回ってくれた。スタートはどうだろうなと思っていたけど、スタートも速かった。うまく最初のコーナーに入って行けたし、いい形になった。前走の東京は、馬場がタイムが出やすいなかでレコード勝ち。今日の中山は多少時計がかかってますし、求められる要素がまるっきり違う中で両方とも結果を出したのは評価できる。現状は言うことないですね。来年に向けて、非常に楽しみなパートナーとクラシックに向かっていけるのはジョッキーとしてワクワクする」とコメントし[44]、矢作は前週の有馬記念を制したリスグラシューに続いて2週連続での自身の管理馬のGI勝ちに「できすぎですね。難しい馬ですがスタッフが頑張ってくれて、今日も体重が落ちずにいい状態だなと思いました。レース前にはジョッキーと前に馬を置いて真ん中より少し前でという話はしましたが、基本的には任せていました。道中はとにかく折り合ってくれと思っていましたが、向正面で大丈夫なのかなと思って見ていました。今週はとにかくホッとしましたね」とコメントした[18]。(競走に関する詳細は第36回ホープフルステークスを参照。), 2019年のJRA賞最優秀2歳牡馬を決定する投票では、同じく3戦無敗で朝日杯フューチュリティステークスを制したサリオスを抑えて最優秀2歳牡馬に選出された[8][注 10]。阪神3歳ステークスが牝馬限定戦(阪神3歳牝馬ステークス、現在の阪神ジュベナイルフィリーズ)になってから朝日杯フューチュリティステークス(2000年までは朝日杯3歳ステークス)勝ち馬以外の初の受賞となった[8]。ただし、JPNサラブレッドランキングにおいては、サリオスが世代トップとなる116ポンドを記録し、コントレイルは115ポンドでサリオスに続く2位となった[45][注 11]。, ホープフルステークス後は年明けに鳥取県の大山ヒルズへ放牧に出され、翌年の皐月賞へ直行することが発表された[46]。, 2020年3月18日に栗東の矢作厩舎へ帰厩し[10]、予定通り中央競馬クラシック三冠の第1戦・皐月賞(4月19日、中山競馬場芝2000メートル、GI)に出走[47]。最優秀2歳牡馬の座を争ったサリオスに加え、弥生賞ディープインパクト記念勝ち馬のサトノフラッグ、京成杯勝ち馬のクリスタルブラックといった無敗の重賞勝ち馬も出走した[47][48]。これらの出走メンバーの中で、コントレイルは単勝2.7倍の1番人気に推される[49][注 12]。, スタートが切られるとキメラヴェリテが逃げ、サリオスが先団、一方のコントレイルは行き脚がつかず[50]、中団より後ろを追走する[51]。しかし3コーナーで馬群の外に出すと前へ進出を開始[51]。最後の直線ではサリオスと競り合う形となるが、ゴールでは半馬身差をつけて優勝を果たした[52][51]。道中の位置取りについて福永は「ペース次第では2、3番手と考えていた」と述べており[51]、「スタートは良かったのですが、馬場の内目が悪いのもあったのか、前に進んで行こうとしませんでした。2コーナーでかなり後ろだったので、これは大変だなと思いましたが、ああなってしまった以上は馬の力を信じて乗りました」と振り返った[53]。これで前年の優勝馬サートゥルナーリアに続き、二年連続で無敗での皐月賞制覇を達成[54]、ディープインパクト産駒としては初となる無敗での皐月賞制覇となった[54]。また、1986年以降「全レース上がり最速の皐月賞馬」は2005年の優勝馬であるディープインパクト、2015年の優勝馬ドゥラメンテに次いで3頭目となった[54]。ノースヒルズ生産馬の皐月賞勝利は2002年のノーリーズン以来18年ぶり[54][注 13]、矢作、福永は共に皐月賞初勝利となり[51]、福永はこの勝利でクラシック競走完全制覇を達成した[52][注 14]。(競走に関する詳細は第80回皐月賞を参照。), その後は大山ヒルズへの放牧を挟み[57]、クラシック三冠の第2戦・東京優駿(日本ダービー、5月31日、東京競馬場芝2400メートル、GI)に出走。戦時中だった1944年以来76年ぶりとなる無観客開催で行われた当年のダービーは[58][59]、ステップレースの青葉賞勝ち馬のオーソリティが故障で出走を回避し[60]、京都新聞杯やプリンシパルステークスに優勝した馬は皐月賞で10着以下に敗れていたことから皐月賞の上位馬が引き続き有力と目され[61]、コントレイルが単勝1.4倍[注 15]、サリオスが4.4倍の支持を集め[63]、3番人気のワーケアは12.8倍と差が開き、無敗でのダービー制覇を狙うコントレイルに再びサリオスが挑むという図式となった[15]。, スタートが切られると、後方の位置取りとなった皐月賞とは一変し、好スタートを決めると最初のコーナーを3番手で通過。前半1000メートルが61.7秒というスローペースを折り合いながら先行集団を進み、最後の直線に入るとスムーズに外に持ち出して進出を開始した。直線ではコントレイルのさらに外からサリオスが手応え良く伸びてきたが、鞍上の福永がサリオスの追撃を待って追い出しを開始すると出走馬中最速の上がり3ハロン34.0秒の末脚であっという間に突き抜け、ゴール地点では2着サリオスに3馬身差をつけて優勝を果たした。無敗での二冠達成は2005年の父・ディープインパクト以来15年ぶり7頭目となり[注 16][注 17]、また父子での無敗の二冠達成はシンボリルドルフ・トウカイテイオー以来史上2組目の記録となった[64]。, 2018年のワグネリアン(第85回東京優駿)以来となるダービー2勝目をあげた福永は序盤について「今日はポジションを取りたかったので促して流れに乗せた。できればサリオスの後ろにつけたかったが、(前にサリオスが)いなかったのでどこを狙おうか手探りだった」と振り返った。そして、最後の直線については「先頭に立つと遊ぶので若干追い出しを遅らせたが、やっぱり遊んだ。後ろはあまり気にならず、真面目に走ってくれるかを考えていた。でも、ブレーキをかけるのではなく、しぶしぶ走っている感じで…。それでこの結果。強い馬です」と語り、ダービーという一世一代の大舞台で遊びながら走りつつも勝ってしまうコントレイルの強さを讃えた。また、福永はゴール後に馬場から引き上げる際、コントレイルの歩みを止めて、スタンドに向かって一礼した。この時の気持ちについて福永は「(コロナ禍において無観客競馬が続く)こういった状況の中でも競馬をさせてもらえる、感謝の気持ちを表したかった」と語り、テレビの前でダービーを見つめた競馬ファンや開催に尽力した競馬関係者に感謝の気持ちを示した[65]。, 矢作は「なかなかダービーで(単勝)1倍台の1番人気を出走させる機会はないから、それだけの責任感を感じて仕事をしていました。今日は究極の仕上げができたと思います。ファンの皆さんが(競馬場に)いらっしゃらないのが残念でたまらないが、馬を褒めてやりたい。“秋は国内に専念する。3冠を狙いに行くぞ”というのがオーナーの気持ち。秋にはぜひ、皆さんの前で強いコントレイルを見せたい」と、日本競馬史上8頭目となる牡馬3冠を狙うことを表明した[65]。, なお、このレースでは前走と同じくサリオスが2着に入ったが、皐月賞の1・2着馬が日本ダービーでも1・2着となったのは1983年のミスターシービー・メジロモンスニー以来37年ぶりのこととなり、1・2着入れ替わっての決着を含めても1995年のタヤスツヨシ・ジェニュイン以来25年ぶりのこととなった[62](競走に関する詳細は第87回東京優駿を参照。), 6月4日には東京優駿のレーティングが発表され、コントレイルは東京優駿史上において最高の数値となる122を獲得した[66]。レースを終えた1週間後の6月6日午後、コントレイルは栗東トレーニングセンターを出発、同日中に大山ヒルズに放牧に出され、秋へ向け鋭気を養うこととなった。, 矢作はコントレイルの秋の予定について、順調に調整が進めば9月27日の神戸新聞杯(中京競馬場芝2200メートル[67][注 18]で始動し、牡馬3冠の期待がかかる10月25日の菊花賞(京都競馬場芝3000メートル)、古馬との初対戦となる11月29日のジャパンカップ (東京競馬場芝2400メートル)の3戦を予定していることを発表した[68]。, 8月6日に日本中央競馬会が発表した上半期のJPNサラブレッドランキングでは、コントレイルは3歳牡馬としてトップとなる122ポンド[注 11]を獲得した[69]。, 復帰戦の神戸新聞杯へ向け、コントレイルは9月4日に放牧先の大山ヒルズから栗東トレーニングセンターへ帰厩[70]。翌日から馬場入りし調整を進めることとなった[70]。11日、帰厩後初めて主戦の福永を背に調整を行い、福永は「心身ともに良い状態」と手応えを口にした[71]。最終追い切りは栗東坂路で行われ[72]、秋初戦へ向けて万全の調整が行われた。, 迎えた神戸新聞杯は、ダービーで3着に下したヴェルトライゼンデ、同5着のディープボンドの他、デビューから2連勝中で、骨折休養明けとなるグランデマーレ[73]などフルゲート18頭のメンバーが揃った[74][75]中で、前日時点で単勝支持率84.0%を記録する[76]など圧倒的な支持を集め、最終的に単勝オッズ1.1倍の1番人気で出走[77]。レースでは好スタートを決めると道中は馬群の中で折り合いをつけ、そのまま4コーナーから直線途中まで馬群の中にいたが、残り400メートル付近で進路が開くと持ったままで進出。残り200メートルを切るとさらに加速し、最後は流すようにして2着ヴェルトライゼンデに2馬身差をつけゴール。秋の始動戦を無傷の6連勝で快勝した[78][79]。, レース後、福永は「勝つことができてホッとしています。負けていない馬なので、休み明けとはいえ、落とすわけにはいかないという状況の中で、余力を持って勝つことができたのが何よりです」とレースを振り返り、無敗の三冠へ向けては、「今日も負けずにいけましたし、ぜひ達成できるように頑張っていきたいです」と述べた[80]。矢作も「前哨戦としては満点だと思います」とレース内容を評価した上で、「(次走は)初めて在厩で調整することになりますし、さじ加減には注意したいです。京都改修前最後の記念すべき菊花賞ですから、(三冠達成を)成し遂げたいですね」と三冠制覇へ向けた展望を語った[80]。(競走に関する詳細は、第68回神戸新聞杯を参照。), クラシック三冠の最終戦・菊花賞は、10月25日に行われた[7]。春のクラシックでいずれも2着だったサリオスは、毎日王冠優勝からマイル路線を目標としたためにここを回避[81]。神戸新聞杯の2着で前年の菊花賞優勝したワールドプレミアの半弟ヴェルトライゼンデ、セントライト記念2着のサトノフラッグの他、ラジオNIKKEI賞 (GIII)とセントライト記念(GII)を連勝した逃げ馬のバビットや、自己条件から2連勝で駒を進めて来たアリストテレスらが注目を集めた[82]。単勝はコントレイルが1.1倍の圧倒的な1番人気に推され、以下ヴェルトライゼンデ、バビット、アリストテレス、サトノフラッグと続いた[7]。698名 (有料入場者数)[83]が、3000メートルを走る18頭を見届けた。, レースでは、まずまずのスタートを切ると、中団の6・7番手を追走する[7]。しかし、馬群がばらついた結果、コントレイルが折り合いを欠いたことや、アリストテレス(クリストフ・ルメール騎乗)にマークされ続けた結果、「うまくリラックスして走らせてあげられなかった」(福永)状態でのレースを強いられ、最後の直線では先頭に躍り出るも、アリストテレスが外から並びかける状況となった[84]。コントレイルは200メートル近い叩き合いの中で粘りを見せてついに一度も先頭を譲らず、クビ差でアリストテレスを振り切り1着でゴール[84]。史上8頭目となる牡馬クラシック三冠を無敗で達成した[6]。無敗での三冠達成は15年ぶり3頭目で[注 1]、親子達成は本馬が史上初[6][85]。なお、鞍上の福永は1983年にミスターシービーで三冠を制した吉永正人の42歳0カ月27日を更新する43歳10カ月17日での三冠達成となり、最年長の三冠ジョッキーとなった[6]。, 福永は初めての3000メートルについて「やはり3000メートルは彼にとっては長い距離でしたし、決してベストパフォーマンスを発揮できたわけではありませんが、それでも勝ち切ってくれたことが素晴らしいです」と述べるとともに、三冠達成について「無敗の三冠馬の息子が同じように無敗の三冠を達成したことは、世界でも類を見ないことだと思いますし、大変な偉業だと思います。その鞍上に自分がいられたことを、誇りに思います」と喜びを表した[86]。一方生まれ故郷のノースヒルズがある北海道新冠町では、達成後に近くの生産者や装蹄師、農協組合職員らに加えて、鳴海修司町長などが集まり、福永と同じように三本指を立てて記念写真に納まった[87]。その後、29日に大山ヒルズに放牧に出された[88]。(競走に関する詳細は、第81回菊花賞を参照。), 11月5日に、ジャパンカップに出走することが陣営から発表された[89]。菊花賞の翌日には金羅助手が「さすがに疲れていた」という状態であったが[90]、この日は矢作が「実際に見て、体の張りもいいし、完全に回復していました。回復力の速さがすごいなと思ったし、きょう見た限りでは何の心配もありませんでした」と状態について言及[89]。また「あとはデアリングタクトも出てくるということで、ファンの盛り上がり、競馬としての盛り上がりを考えても、オーナーと相談して、そういう決断に至りました」と、この年に牝馬三冠を無敗で達成したデアリングタクトとの対戦を参戦を決めた理由に挙げた[89]。11月12日には、前走の天皇賞・秋で史上初となる芝GI8勝目を挙げた、2018年の三冠牝馬・アーモンドアイもこのジャパンカップを引退レースとして選択したことが明らかとなった[91]。これにより史上初めて3頭の三冠馬が対決することとなり、大きな注目を集めた[91]。, 11月18日に行われた追い切りでは伴走した2頭に遅れをとり、矢作が「遅れたのは不満。きょうの段階ではもう一段、上げないと」と述べる一方で、「十分に時計は出ている」(矢作)、「予定通り。優秀なタイムが出ているし、馬も元気。気になるところはないし、順調に調教を消化できているのが何よりです」(福永)と前向きなコメントも残した[92]。25日には最終追い切りとしては初めて福永が騎乗し、「確認したのは身のこなし、トモの動き。それが良くなった。こちらが驚くぐらいの良化度合い」と好感触を得た[93]。, 11月29日に行われたジャパンカップには、上記の3頭の三冠馬に加え、前年の香港ヴァーズに優勝し、本年の京都大賞典も制したグローリーヴェイズ、前年のジャパンカップ2着馬のカレンブーケドール、前年の菊花賞馬で、有馬記念3着以来となるワールドプレミア[94]、2017年の菊花賞馬のキセキらも出走した[95]。単勝はアーモンドアイが2.2倍で1番人気に推され、コントレイル2.8倍、デアリングタクト3.7倍、グローリーヴェイズ17.2倍と続いた[96]。, レースでは、スタート直後の1コーナーでキセキが先頭に立つと、そのまま後続を大きく引き離して逃げる[97]。アーモンドアイは4・5番手につけ、デアリングタクトが7番手、コントレイルは中団の9番手を進む[97]。キセキは最初の1,000メートルを57.9秒というハイペースで飛ばし、3~4コーナーで20馬身、直線入り口でも10馬身の差をつける[97]。しかし最後の直線に入ると、グローリーヴェイズが2番手に上がって前を追いかけ、さらにアーモンドアイが残り100メートル付近で先頭に立つ[97]。コントレイルはデアリングタクト、カレンブーケドールと共に伸びてきたが、アーモンドアイから1馬身1/4遅れた2着に敗れ、デアリングタクトが3着に入った[97][注 19]。レースの売上は前年比47.5%増の272億7433万4600円となった[99]。, 福永は「前が飛ばしていて、先団を見る良い形で、脚が溜まりました。プレッシャーのないところでリラックスして、良い形で上がっても行けました。そして、良い脚を使っているのですが、最後は苦しくなって左にもたれていました。タフな競馬を諦めずに走っていますが、アーモンドアイは強いです。結果は残念ですが、返し馬の感じは良い時と変わりませんでしたし、力は発揮できたと思います」と述べた[100]。, 父のディープインパクトについては同馬の項を参照。母のロードクロサイトは未勝利のまま現役を引退したが、その母・フォークロアは、2005年のBCジュベナイルフィリーズ[14]などG1競走2勝を挙げた[102][103]。また、4代父のCee's Tizzy(シーズティジー)の母Tezly(テイズリー)は、キタサンブラックの曾祖母にあたる[103]。, ディープインパクトと母の父アンブライドルズソングの組み合わせでのGI勝ち馬には、2014年の朝日杯フューチュリティステークス優勝馬ダノンプラチナがいる[103]。その他のアンブライドルズソングを母の父に持つサンデーサイレンス系の種牡馬の産駒のGI勝ち馬にはトーホウジャッカル(2014年菊花賞、父スペシャルウィーク)、スワーヴリチャード(2018年大阪杯・2019年ジャパンカップ、父ハーツクライ)がいる[103]。また、本馬が曾祖母の父に持つストームキャットを父に持つ繁殖牝馬とディープインパクトの組み合わせはニックスとして知られ[103]、この組み合わせで8頭のGI勝ち馬が誕生している[103][注 20]。, 第34回タイムフライヤー / 第35回サートゥルナーリア / 第36回コントレイル, 第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイヱレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ, 第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール, 第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア, 第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー, 第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート, 第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー, 第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド, 第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア, 第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ, 第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ, 第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / 第30回 アカネテンリュウ, 第31回 ダテテンリュウ / 第32回 ニホンピロムーテー / 第33回 イシノヒカル / 第34回 タケホープ / 第35回 キタノカチドキ / 第36回 コクサイプリンス / 第37回 グリーングラス / 第38回 プレストウコウ / 第39回 インターグシケン / 第40回 ハシハーミット, 第41回 ノースガスト / 第42回 ミナガワマンナ / 第43回 ホリスキー / 第44回 ミスターシービー / 第45回 シンボリルドルフ / 第46回 ミホシンザン / 第47回 メジロデュレン / 第48回 サクラスターオー / 第49回 スーパークリーク / 第50回 バンブービギン, 第51回 メジロマックイーン / 第52回 レオダーバン / 第53回 ライスシャワー / 第54回 ビワハヤヒデ / 第55回 ナリタブライアン / 第56回 マヤノトップガン / 第57回 ダンスインザダーク / 第58回 マチカネフクキタル / 第59回 セイウンスカイ / 第60回 ナリタトップロード, 第61回 エアシャカール / 第62回 マンハッタンカフェ / 第63回 ヒシミラクル / 第64回 ザッツザプレンティ / 第65回 デルタブルース / 第66回 ディープインパクト / 第67回 ソングオブウインド / 第68回 アサクサキングス / 第69回 オウケンブルースリ / 第70回 スリーロールス, 第71回 ビッグウィーク / 第72回 オルフェーヴル / 第73回 ゴールドシップ / 第74回 エピファネイア / 第75回 トーホウジャッカル / 第76回 キタサンブラック / 第77回 サトノダイヤモンド / 第78回 キセキ / 第79回 フィエールマン / 第80回 ワールドプレミア, 2017年5月29日の評価は「骨量豊かでしっかりしている。バランスがいい。ハイクラスで品がある。伸びがあり、素晴らしい牡馬」、2018年3月5日の評価は「目だっていい馬。胸が深い。前脚の動きが綺麗。立っていても、歩いても素晴らしい」というものである, 日本競馬においては、顕著な活躍(GI・JpnI級の競走優勝、あるいは主要国際競走優勝馬と同じ馬名)や種牡馬登録などによって保護された馬名以外は、登録抹消後に一定期間を経れば再利用することができる。, 従来の東京競馬場の芝1800メートルの2歳コースレコードは2013年の東スポ杯2歳ステークスで, 2019年10月と11月の東京競馬場は、2歳戦が行われている全ての芝コース(1400メートル、1600メートル、1800メートル、2000メートル)でレコードタイムが更新された, 通常は阪神競馬場芝外回り2400メートルのコースで行われるが、京都競馬場スタンド改築工事に伴い、7月の中京競馬と9・10月の阪神競馬を入れ替えたため、このコースとなった, 上位人気馬が人気順に3着までに入った結果、3連複300円、3連単1,340円はともにJRA平地GI史上最も安い配当となった, 『Sports Graphic Number』991号(2019年12月12日号)P.94, 【菊花賞】コントレイルが史上初の親子3冠!福永「なんとかしのいでくれと思ったが頑張ってくれた」, 大器コントレイル来春二冠向け視界良好 福永2度目ダービーVへ「距離だけ」(1/2), 【メイクデビュー】(阪神3、5R)〜レーヌブランシュ、コントレイルが勝利 [News], 【東京スポーツ杯2歳S】コントレイルが5馬身差の圧勝! レコードで重賞V!/JRAレース結果, 【東京スポーツ杯2歳S】コントレイルが衝撃のレコードV ムーア「トップクラスの馬」, 【次走】東スポ杯で5馬身差Vのコントレイルは福永祐一騎手とのコンビでホープフルSへ, 【勝負の分かれ目 ホープフルS】クラシックでの可能性をはかりながら、コントレイルが無敗でGI制覇, 【皐月賞結果】コントレイルがサリオスとの一騎打ちを制し無敗の戴冠!福永Jはクラシック完全制覇!, 【日本ダービー・豆知識】コントレイルが父ディープインパクト以来、15年ぶり7頭目の無傷二冠達成, 【神戸新聞杯】コントレイル大安吉日に栗東トレセン帰厩 5日馬場入りへ | 競馬ニュース, コントレイル無敗三冠へ始動 福永と帰厩後初コンタクト「心身ともにいい」 | 競馬ニュース, 【神戸新聞杯 出走馬・騎手確定】コントレイル&福永祐一騎手、ディープボンド&和田竜二騎手など18頭 | 競馬ニュース, 【神戸新聞杯】単勝支持率は父ディープ超えも!?コントレイル圧倒的人気 | 競馬ニュース, 神戸新聞杯(G2) オッズ | 2020年9月27日 中京11R レース情報(JRA), 【勝負の分かれ目 神戸新聞杯】福永騎手の冷静な騎乗で、無敗の三冠獲得へさらに前進 | 競馬ニュース, 【ジャパンC・豆知識】ルメール騎手は初の平地GI4連勝、3連複・3連単は平地GI史上最安決着, JRAジャパンCの売上、前年比47.5%増!2000年以降では最高額の約272億円, 【ジャパンC】コントレイル 上がり最速も悔し2着 祐一「アーモンドアイが強かった」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=コントレイル_(競走馬)&oldid=80780283.

韓国ドラマ スイッチ Dvd, マザーテレサ あふれる愛 読書感想文, 立川 個サル レベル, ファミマ ツイステ お菓子, 東京都 シニア サッカー 募集, 真美 ヶ 丘 サッカー, 埼玉県 工業高校 ランキング, スーパーファミコン ソフト 一覧 画像, ウイン テンダネス 七夕 賞, アイノカタチ コード でんぱ,