LINEで送る

鋼はなぜ降伏するのですか。 A 材料を引張試験すると,図1に示すような応力 s (荷重 P を試験片の平行部断面積 A 0 で割った値)とひずみ e (引張前の標点間距離を L 0 ,引張後の標点間距離を L とすると, e =( L ― L 0 )/ L 0 )の関係曲線が得られる。 参考文献. 日本の降伏(にっぽんのこうふく、にほんのこうふく)とは、通常、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の大日本帝国による「ポツダム宣言」受諾(1945年8月14日)から降伏文書署名(同年9月2日)に至るまでの過程を指す。 以下、日本及びその各占領地における経過を説明する。 日本が降伏した根拠は、ポツダム宣言ではなくて、降伏文書である。降伏文書は、日本を含む各国代表が署名している国際法上の文書なので、法的拘束力があり、署名国がこれに違反した場合は、日本も権利として違反しないように求めることができる。 ・なぜ、国力が10倍もあったアメリカに 日本が先制攻撃をしたのか? (たとえば、国民総生産10倍、銑鉄20倍、 原油生産量700倍です…), アメリカで47年間公開を禁じられていた ある元大統領の証言から浮かび上がってきました…, 日本の歴史を大きく覆すような内容なのに、 メディアも取り上げず、 教科書でも扱われません。、. なぜなら、ソ連が日ソ中立条約を一方的に破って日本に侵攻すれば、すでに疲弊している日本はすぐに降伏してしまう。日本が降伏してしまったら、原爆投下のチャンスがなくなってしまうからだった。 近衛が、ミッドウェー海戦で負けた時点で 日本が降伏するタイミングとして、海軍の船が全て壊滅し、日本の都市が爆撃で焼け野原になり、日本の一部で陸戦で敗北して占領される。 敵国が無条件降伏するまで戦争を止めない、というこの方針に、陸海空軍の幹部はもとより、当時の国務長官コーデル・ハルまでもが反対した。 なぜなら、このような方針を採れば日本など敵国の徹底抗戦を招き、無用に戦争を長引かせることになる。 今回はドイツの降伏とポツダム宣言について、日本の歴史を紹介します。 ドイツの降伏 ありあまるほどの兵器を持った連合国軍は東から南から大波のような勢いで日本本土へ押し寄せました。 1945年に入ると、アメリ空軍の空襲がひど … 1945年8月14日に日本政府がポツダム宣言の受諾、つまり無条件降伏を決定。翌15日に天皇が降伏の詔書を放送を通じて国民に発表。9月2日に降伏文書に調印し、正式に第二次世界大戦が終結した。 朝鮮や台湾は今も日本領だったかも。 イタリアの無条件降伏(1943年9月)後 . 「かつて太平洋戦争のときにアメリカの戦略爆撃隊の隊長であったカーチス・ルメー将軍も、参謀総長として、北ベトナムに原爆を投下して北ベトナムを石器時代の状態に引き戻せと主張していたことは、われわれの記憶にまだ新...原爆はなぜ投下されたか 日本降伏をめぐる戦略と外交 日本の経済はいいのか、悪いのか。精神科医の和田秀樹氏は「2018年の日本の経済成長率は、実質gdpベースで0.81%。193カ国中171位できわめて悪い。 歴史は詳しくないので教えていただきたい。戦争は、片方が「もう止めた」と言ったところで終わるものではありません。停戦または終戦するためには、双方の了解が必要です。日本の主要対戦国はアメリカでしたが、アメリカは日本が無条件降 太平洋戦争で 日本はボロボロのサンドバック状態になって、その上、原爆を2発投下されても まだ、アメリカと戦い続けようとしました。. ドイツの降伏も早まっていた。 イタリアみたいに連合国に寝返るという手もあったか。 その可能性はかなり高い。 日本が真珠湾を奇襲攻撃したあの日、アメリカ大統領とイギリス首相は驚きや怒りなどではなく、 電話で歓喜に狂ったのは何故か? 「絶対に戦争はしない」と誓って大統領に当選したルーズベルト…それなのに、なぜ戦争は始まったのか? しかし、日本がアメリカに降伏した理由はソ連が攻めて来たのもあるでしょうけど、. 日本を降伏に追い込むための切り札として、原爆を実戦で使用することが視野に入ってきたのでした。 1945年2月、米英ソの首脳が集まったヤルタ会談。ここで日本降伏へのもう一つの切り札が検討されま … 井上茂子「 ドイツ降伏の日はいつか? 終戦70年・日本敗戦史(109) 日本兵はなぜ「肉弾突撃」「バンザイ突撃」「玉砕」「特攻」 「餓死」など「死んでも・死んでも戦った」のか。その秘密は 「戦陣訓」と「内務班」の日本兵残酷物語にある。 enable_page_level_ads: true }); ウィンストン・チャーチルはヒトラー率いるドイツ軍と戦っていました。ドイツ軍は1939年ポーランドに侵攻。チャーチルは劣勢に立たさせながらも、徹底抗戦を続けました。チャーチルが最も恐れていたことは、ヒトラーが原爆を手にすることでした。, 1938年ヒトラー率いるドイツで後の原爆につながる重要な発見がありました。当時最先端の原子物理学研究をしていたカイザー・ヴィルヘルム研究所で、原爆の原理であるウランの核分裂反応が観測されました。, 核分裂の応用を利用して、通常兵器の数万倍の破壊力を引き出せる可能性があったのです。1939年4月ヒトラーは、研究機関ウラン・クラブを設立し新兵器開発をします。, ドイツからアメリカに亡命した天才科学者アルベルト・アインシュタインは、アメリカも原爆研究を始めるよう提案する手紙を当時の大統領フランクリン・ルーズベルトに書きました。, しかし当時のルーズベルトは、原爆は実用的でないと考えていました。原爆の開発には大量のウランが必要で、爆弾は重すぎて大きな船でしか運べず、輸送が困難と感じていたからです。またアメリカは、ヨーロッパの戦争に関わらない孤立主義を取っていました。, イギリスは、1940年ドイツによるロンドン大空襲で大火に包まれました。ヒトラーの猛攻で、敗戦の危機に立たされていました。そのチャーチルのもとに、戦況の逆転につながる情報がもたらされました。, イギリスのバーミンガム大学で、ドイツから亡命したユダヤ人科学者ルドルフ・パイエルスによって原爆を小型化する理論が見つかります。原爆を飛行機で運べるほど、小型化できる可能性がみえてきました。チャーチルは、原爆が実用的な兵器になると考え、本格的に研究に乗り出すことを決断します。, チャーチルは原爆開発のための組織を立ち上げます。プロジェクトはチューブ・アロイズ。暗号名で呼ばれました。, チューブ・アロイズとは管状合金のことで、航空機のラジエターや燃料タンクの製造計画を連想させ、原爆の開発と悟られないようにしました。研究の中核を担ったのはパイエルスのように、ヒトラーの迫害を逃れてきたユダヤ系の人々が多かったのです。, パイエルスはヒトラーが最初に原爆を手にしたらという想像をし、これを防御するには同じ武器での報復以外に手段はない。抑止力として開発する価値がある、と考えました。, ところがイギリスの原爆開発には、大きな障害がありました。それはドイツによる激しい空襲でした。イギリスは絶え間ない敵の爆撃にさらされ、大きくて目につきやすい工場をこの国に建てるのは不可能だったのです。, ヒトラーに対抗するため、チャーチルは思い切った決断をします。チャーチルはアメリカと協力すれば、最短で原爆開発ができると考えていました。アメリカは資金を持ち、空襲もありませんでした。, 原爆の秘密情報を渡し、アメリカを味方につけて、アメリカの工業力を使えば戦争に勝つための原爆開発ができると目論んだのです。1941年7月チャーチルは、原爆実用化のカギを握るパイエルスの発見を、密かにアメリカに伝えます。, 報告を受けたのはルーズベルト大統領の右腕ヴァニーヴァー・ブッシュという兵器開発の責任者でした。ブッシュ他研究者達はイギリスの報告書を読み、原爆開発ができると確信しました。ブッシュは原爆開発に積極的でなかったルーズベルトに、イギリスの報告を伝えます。, ルーズベルトは政策を大きく転換、原爆開発に着手することを決断しました。ルーズベルトはチャーチルに、早急に会談を開くべきだと考え、米英共同で研究を進めたいという内容の電報を送ります。, 1941年12月、日本軍が真珠湾を攻撃。それまで孤立主義を取っていたアメリカが参戦。太平洋戦争が始まりました。, 真珠湾攻撃は、イギリスにとって好都合となりました。アメリカが参戦し、チャーチルは「感謝してぐっすり眠った」と言っています。, 1942年6月、チャーチルは自らアメリカへ渡りニューヨークのハイドパークにあるルーズベルトの邸宅で、原爆を共同で開発するための秘密会談が始まりました。, チャーチルは英米の科学者が互いの国で研究を進め、原爆開発の成果を情報交換し合い、成果を平等に分かち合うことうことを提案。ルーズベルトも原爆開発プロジェクトを始めることを決定しました。, アメリカ側の計画は事務所がニューヨークのマンハッタン島に置かれたことから、マンハッタン計画と暗号名がつけられました。, アメリカを巻き込んだことで、原爆開発競争が加速します。ヨーロッパではチャーチルがヒトラーに対し、攻めに転じます。, ドイツの原爆開発を阻止するためにチャーチルは、1943年2月ドイツ軍が占領していたノルウェーに、特殊訓練された9人の兵士を潜入させ極秘の破壊工作を命じました。テレマルクにあるドイツ軍の秘密工場。この製造ラインを爆破し、ヒトラーの原爆開発に打撃を与えることに成功しました。, アメリカは巨額の資金を投じ、全米各地に研究施設や大規模工場の建設を開始します。1942年12月シカゴ大学で、世界初の実験用小型原子炉を建設しました。, 原爆のもう一つの材料となるプルトニウムは、ウランよりもわずかな量で強大な爆発を引き起こす特性を持っていました。アメリカはプルトニウムを使って、原爆を量産できる独自技術を見出し、製造する技術を持っているという自信がありました。, その成果をブッシュは、ルーズベルトにプルトニウムの情報が、アメリカだけで保有するメリットがあり、超重要性な軍事機密になる段階にあることを伝えました。, アメリカのマンハッタン計画の責任者たちは、イギリスに情報を渡すことに抵抗しました。原爆情報の独占へと動き始めます。戦後に原子力開発の分野で、イギリスがアメリカの競争相手になることを恐れたからです。, 1943年1月、イギリスはアメリカからの情報が規制され、密かに行われていた原爆開発情報の交換が政治的な理由で全てストップしました。兵器工場として頼りにしていたアメリカが方針転換したため、チャーチルは原爆の共同開発の計画見直しを迫られます。, 1943年7月チャーチルは、ロンドンの首相官邸にブッシュを呼び、会談で意外な行動に出ました。イギリスは、独自に原爆開発を開始する。チャーチル側から、原爆の共同開発の解消を主張しました。チャーチルは自分たちの計画がアメリカに乗っ取られ、イギリスが排除されると感じていたのです。, この時チャーチルには秘策があり、アメリカの協力なしで、カナダのモントリオールに短期間で工場を建設することでした。カナダはイギリス連邦の一つで、チャーチルの影響力が強くありました。, またドイツの空襲がなく、原爆開発を安全に行えるメリットがありました。この計画を立案したのは、パイエルスをはじめとするイギリスの科学者達でした。, こうしたチャーチルの思い切った行動を重く受け止めたのは、ルーズベルトでした。これ以上イギリスを追い詰めることは、同盟関係を損なうと考え始めていました。イギリスは第二次世界大戦の終わりには破産寸前でした。ルーズベルトはそれを見抜き、イギリスが没落するのを阻止しようと決めました。, ルーズベルトには、戦後の目的がありました。力を発揮できる強力な同盟国として、イギリスを保っておくことが必要で、核政策のパートナーにしておこうと思ったのです。イギリスとの同盟国の関係を最優先に考えたルーズベルトは、情報交換の再開を行いました。, その1ヶ月後1943年8月、カナダのケベックで開かれた英米首脳会談。チャーチルはアメリカが再び核の独占に走らないよう、ルーズベルトとの間で秘密の協定を結びました。, ケベック協定は、原爆を共同管理する上での基本方針を取り決めました。第一に、互いに対し原爆の力を使わない。第二に、互いの合意なしに第三者に使用しない。第三に、互いの合意なしにいかなる情報も第三者に提供しない。, 1941年にチューブ・アロイズ計画がマンハッタン計画に組み込まれた瞬間から、イギリスはドイツに原爆を使用するつもりだったため、チャーチルは原爆投下の決定権に、アメリカと対等な立場を望んだのです。, アメリカはニューメキシコ州ロスアラモスに原爆の設計と組み立てを行う、秘密の研究施設を建設します。全米の若い科学者やその家族など6000人が集められました。そこにチャーチルは、イギリスの優秀な科学者を派遣します。, イギリスのチューブ・アロイズ委員会は、イギリスの全ての研究が中断されてでも、マンハッタン計画に全力を尽くすことでした。特にイギリスの科学者が取り組んだのは、原爆を実用化する上での最大の難問であったプルトニウムの起爆方法でした。, クラウス・フックスとジェームス・タックはプルトニウムの周囲に燃焼速度が異なる火薬を組み合わせると、プルトニウムを均等に包み込むように爆縮が起こる仕組みの爆縮レンズを開発しました。こうしてプルトニウムを起爆する見通しが立つようになりました。, イギリスの研究者達はアメリカの若手研究者よりはるかに高度な専門知識を持ち、重要な貢献をしました。, しかしヨーロッパの戦局が激変するなか、ソビエトという新たな脅威が出現しようとしていました。1941年ソビエトは、ドイツ軍の大規模な奇襲を受けます。当初ソビエト軍は敗退、首都モスクワの近郊まで侵攻されました。, ソビエトを率いるスターリンはイギリスと同盟を結び、徹底抗戦で戦局の転換を目指しました。1942年から1943年にかけてのスターリングラードの戦いで、連勝を重ねていたドイツ軍を壊滅に追い込みました。, ドイツ軍は、その後も撤退が続いていきます。ヒトラーは劣勢を打破しようといつ完成できるかわからない原爆開発を中止し、弾道ミサイルV2の開発に力を入れました。, 一方ソビエトはスターリングラードの戦いに勝利した1943年2月に、ソ連国家防衛委員会が原爆開発を組織的に行うことを決定し、極秘に小型原子炉の建設を開始しました。, ロシアは昔からスパイ活動に強い国で、スターリン率いるソビエトは、原爆情報を盗み取る情報戦に力を入れていました。, ロンドンにはソ連の諜報支局があり、政治や科学技術の情報を収集していました。当時ソ連は、原爆を持っていませんでした。スターリンはチャーチルが原爆を持てば、ソ連に戦争を仕掛けるだろうと考えていました。ですからスターリン率いるドイツは緊急を要したのです。, 最も重要な原爆情報を、ソビエトに渡していたスパイがいました。コードネーム、チャールズ。その実名はクラウス・フックス。, イギリスで原爆実用化理論が発見されたこと、さらにそれをもとにアメリカロスアラモスで、開発が行われていることを詳細に報告していました。最初に情報を渡していたのは1941年、マンハッタン計画が始まる前からスパイ活動を行っていました。, チューブ・アロイズ計画に参加し、プルトニウムの爆縮の研究を行った物理学者でした。フックスはドイツ共産党員で、イギリスに亡命した物理学者でした。, アメリカロスアラモスで研究していたフックスは、たびたび研究施設を離れていました。ドイツからアメリカに亡命した姉に面会するという理由で、外出が許されていました。しかし実はソビエトの工作員と、落ち合っていました。, 工作員は目印として、当時流行したコメディ本を持っていました。フックスが渡した情報には、原爆開発における最高機密が含まれていました。起爆装置の構造、プルトニウムの爆縮方法です。, 原爆を起爆するための最後のカギが、ソビエトに渡っていました。フックスはなぜ、ソビエトに原爆情報を伝えるスパイになったのでしょうか。, フックスのスパイ行動はナチスを中心としたファシズムと対抗する勢力として、ソビエトに期待したからでした。, 特にスターリングラードの戦いで、ソビエトが祖国を開放してくれる存在に映りました。この戦いで戦局が変わり、戦争で貢献したソビエトを、甚大な被害も受けていたので支援するべきだと。, フックスには、ソビエトに情報を渡したもう一つの理由がありました。もし原爆の情報が誰か一つの手にとどまっていたら、危険であると気づいていました。, 原爆を独占し、悪用できる状態は人類の危機であると。ファシズムとの戦い、そして英米の核の独占への危機感、それがフックスがソビエトに情報を渡した理由でした。, ソビエトは諜報活動で得た情報をもとに、プルトニウム型原爆の開発を進めていきます。それは英米が開発していた原爆と、瓜二つのものでした。, チャーチルは、イギリスの科学者が原爆の最高機密情報まで、ソビエトに漏らしていたことを把握していませんでした。, アメリカとイギリスが、スターリン政権下のソビエトの動向を察知できなかったのです。独裁体制で厳しく情報が統制されていたからです。, それでもチャーチルは、スターリンが原爆開発を始めているのではないかと疑い、恐れ続けていました。ロシア人は科学開発に特異な才能があり、原爆開発を進め、大きな成果をあげている可能性があることを忘れてはならないと。, 当初ヒトラーと対抗するために始まった、チャーチルの原爆開発計画チューブ・アロイズ。この先原爆開発は、スターリン率いるソビエトとの攻防が焦点となっていきます。それぞれの思惑は原爆投下にどのように関わっていくのでしょうか。, 1944年ヨーロッパでは、ドイツの敗色が濃厚となっていました。スターリン率いるソビエトは、ベルリンを目指し、猛攻撃を続けていました。, こうしたソビエトの力の脅威を感じていたのが、チャーチルです。共産主義のソビエトと戦後に衝突が起こると考え、原爆の実用化を急いでいました。, 国際的恐喝に利用されかねない原爆を獲得する競争で、ソビエトを勝たせてはならないのです。一方原爆を共同開発するアメリカは、チャーチルとは異なる考えが芽生えていました。, ルーズベルト大統領は、大国ソビエトとの対立は世界に混乱をもたらすとみていました。ルーズベルトの戦後の大きな目標は、ソビエトとの強調でした。, ルーズベルトは戦後もイギリスとは軍事同盟を維持しながら、同時にソ連との強調も必要になると信じていたのです。, 1944年太平洋では、日本軍が絶望的な抵抗を続けていました。英米を中心とする連合国の兵士にも、犠牲者が増え続けていました。, 1944年9月、チャーチルとルーズベルトが交わした協定、このなかに日本降伏に向けたある重要な方策が記されていました。, 最終的に原爆が使用可能となったとき、おそらく日本に使用することになろうと。日本を降伏に追い込むための切り札として、原爆を実戦で使用することが視野に入ってきたのでした。, 1945年2月、米英ソの首脳が集まったヤルタ会談。ここで日本降伏へのもう一つの切り札が検討されました。ソビエトを対日参戦させる、いわゆるヤルタの密約です。, スターリンは参戦の見返りに、南樺太や千島列島などを要求。それには共産圏の拡大のリスクがありましたが、英米は受け入れました。ソビエト参戦は日本を確実に降伏させるための作戦でした。, この時原爆が本当に実用化できるか、誰にもわかりませんでした。終戦へのあらゆる戦略を練ったのです。, 会談から2ヶ月後の1945年4月、ルーズベルトが急死します。新たにアメリカ大統領となったのは、これまで原爆開発について何も聞かされていなかったハリー・トルーマン。共産主義のソビエトに、批判的な考えを持つ政治家でした。, 1945年4月末、ヒトラーは自殺。1945年5月、ドイツ降伏。長きにわたる戦いが終わり、イギリスは戦勝ムードに包まれました。, しかしチャーチルは違っていました。歓喜に沸く群衆にもまれながら、心は将来の懸念でいっぱいになっていました。, 事態にはもう一つの局面がありました。日本がまだ征服されていなかったのです。原子爆弾がまだ生まれておらず、世界は混沌としていました。チャーチルの目にはソビエトの脅威が、ナチスにとって代わっているように見えました。, 5月のドイツ降伏後、原爆を日本に投下する計画が加速していきます。アメリカのロスアラモスに近い砂漠地帯のニューメキシコ州アラモゴードで、原爆を実際に爆発させ、兵器としての効果を確かめる実験の準備が始まろうとしていました。, 日本のどの都市に原爆を投下するのか、その検討も始まっていました。ニューメキシコ州ロスアラモスでドイツ降伏から2日後に開かれた目標検討委員会。目標の選定にあたって、重要な条件が示されました。, 兵器を使用する際、これを劇的なものにし、その重要性を国際的に認識させることでした。英米が原爆という強大な力を持っていることを、世界に示す。それが次の戦争を防ぐ抑止力になると考えていました。, チャーチルはのちに、原爆の被害が大きいほど好都合だと言っています。原爆被害への想像が恐ろしいほど、再び使いにくいとだろうと考えたのです。核のパラドックスを示したかったのです。, イギリスから派遣された科学者達は、原爆の効果を最大限に引き出そうと、研究を続けていきます。ウィリアム・ペニー、爆風研究の第一人者です。, 原爆が爆発すると、上空からの爆風と地面にぶつかり反射する爆風、この二つの爆風の波長がタイミングよく重なると、マッハステムが発生するのです。マッハステム発生のための適切な高度が設定できれば、2つの波長が同調し威力を増大できるのです。, 原爆の威力を世界に示し、マッハステムの効果を測定するには空襲被害の少ない都市に投下する必要がありました。こうして広島と長崎が目標に選ばれました。, 原爆投下へ向けて、7月に実験が行われることになりました。戦局を左右するこの極秘情報すら、ソビエトはスパイを通じて察知していました。, プルトニウムの起爆方法をソビエトに渡したクラウス・フックスは、原爆実験の情報も伝えていました。実験は7月10日ごろ行われる。成功すれば原爆は、早急に実際の戦闘で試されると。この情報は、ソビエトにとって政治的価値がありました。, フックスはソビエトに、実験のことを警告しました。それでスターリンは、日本との戦いに参戦すべきだとの決意を固くしたのです。, ソビエトは対日参戦に向けて、極東に急ピッチで兵士を輸送していきます。原爆投下までに対日参戦できるのか、それがスターリンの課題でした。, 一方、チャーチルも動き出します。チャーチルはトルーマンから原爆投下の同意を求められ、ためらうことなく同意したのです。英米で原爆投下の決定権を等しく持つことを取り決めた、ケベック協定。, 7月2日、チャーチルは原爆が完成したら、協定に基づき即使用する考えを示しました。イギリスは日本への原爆投下に同意します。, 英米はソビエトの参戦前に、原爆投下で戦争を終わらせようとします。スターリンに日本の領土を渡さずにすむからです。ソビエトの参戦を阻止したいチャーチル、原爆投下の前に参戦したいスターリン。日本降伏をめぐって繰り広げられる、大国の駆け引きがありました。, そのカギを握る実験は、7月16日に行われることが決まりました。原爆実験の前日、7月15日。チャーチルはドイツに向かいました。ポツダム会談。対日戦や戦後のヨーロッパ問題について話し合う、2週間の首脳会談です。, チャーチルの呼びかけでトルーマン、そしてスターリンが集まりました。どのように戦争を終結させるのか。会談初日の17日、先に動いたのはスターリン。スターリンはチャーチルに近づき、日本から極秘の電報が届いていたことを打ち明けました。, 日本は当時、中立条約を結んでいたソビエトに、昭和天皇の和平の意向を知らせていました。ソビエトの対日参戦の意向を知らず、和平の仲介を頼んでいました。, スターリンは和平の仲介は行わず、対日参戦する意向をチャーチルに伝えました。スターリンからのこの情報は、チャーチルもすでに掴んでいました。, 日本がソビエトに送った暗号電報は解読され、チャーチルに報告されていました。チャーチルも和平に応じないことを告げました。英米は、和平交渉がソビエトと日本の間で結ばれることを嫌いました。, 翌18日、事態は大きく動きます。アメリカで2日前に行われた原爆実験の報告書が届いたのです。原爆が正確に爆発するかどうかは、プルトニウムの起爆にかかっていました。実験は成功でした。, プルトニウム型原爆の威力は、想定を超えるものでした。実験の成功を受け、チャーチルとトルーマンはポツダムの英国宿舎で話し合いました。, その時のことを、トルーマンが日記に残していました。マンハッタン(原爆)が日本の上空で爆発すれば、日本は間違いなく降伏すると。チャーチルもトルーマンと同じ考えでした。, 対日戦の終結には、もはやソビエトを必要としなくなりました。そして実験の成功は、大統領になって首脳会談が初めてだったトルーマンの態度に変化をもたらしました。, トルーマンは大胆になり、スターリンに対し強気の外交交渉を進めます。これはチャーチルにとって好都合でした。, イギリスはソビエトとのパワーバランスを回復するものを手に入れたと考えました。ドイツ降伏後、不安定だった外交が原爆の力で一変する。今後ソビエトにあれこれと言われたら、モスクワを消せばいいのだとチャーチルは思ったのです。, ポツダム会談開始から1週間後の7月24日、トルーマンもソビエトに対し優位に立ったと確信。スターリンに実験のことを伝えました。, トルーマンは「新兵器を手に入れた」と言いました。スターリンを怖がらせようと思ったのです。しかしスターリンの反応は、トルーマンの予想とは違いました。, スターリンは非常に冷静で、何の反応もありませんでした。スターリンはすでに知っていたからです。原爆開発計画のことは、トルーマンよりも知っていました。, 二人の話し合いを、チャーチルは少し離れた場所で聞いていました。2人の国家元首の話し合いは、間もなく終わってしまいました。, トルーマンがチャーチルのそばに姿を見せました。「どうでしたか?」とたずねました。「スターリンはひとつも質問をしなかった」と、トルーマンは答えました。チャーチルはスターリンが自分の知らされていることの重要な意義を、わかっていないと確信しました。, しかしその重要性を知っていたスターリン。すぐに側近を集め、会合を開きました。スターリンの言葉を側近が回想しています。, 我々は同盟国だったはずなのに、米英は我々が当分の間原爆を開発できないことを望んでいるに違いないと。時間稼ぎをして、自分たちの計画を押し付けようというのだ。だがそうはさせない。スターリンが指示したのは、対日参戦の予定を繰り上げることでした。, 翌25日トルーマンは、日本への原爆投下を承認しました。原爆を確実に投下するため、作戦は航空機から投下目標が目視できる最も早い日、と決められました。, その翌日26日、日本への無条件降伏を呼びかける、ポツダム宣言が発表されました。これを日本は黙殺しました。, 8月6日午前8時15分、広島にウラン型原爆が投下されました。2日後、ソビエトは日ソ中立条約を一歩的に破棄。9日未明、旧満州、中国東北部へ侵攻しました。, 同じ日、B29に積み込まれたのは、プルトニウム型原爆。大柄だったチャーチルをモチーフに、ファットマンと名付けられました。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 10万部突破!通常1980円の書籍が特別価格550円で手に入ります。======いきなりですが、質問です。70数年前の第二次世界大戦で…・なぜ、国力が10倍もあったアメリカに日本が先制攻撃をしたのか?(たとえば、国民総生産10倍、銑鉄20倍 日本のitはなぜボロボロになったのか–長老が語るit業界史 / 日本最大級の言論プラットホーム・アゴラが運営するインターネット放送の「言論アリーナ」。6月11日の放送は午後8時から1時間に渡って、「日本のitはなぜボロボロになったのか–長老が語るit業界史」をお送りします (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ 政府が降伏を望んでも、陸海の同意が無ければ降伏できなかった。政府の決定が国の方針を決めるはずなのだが、日本では統帥権というものがあり、開戦や降伏といった軍事に関わることは統帥権によって決定される事項だった。 日本の教育に勝ち目なし。なぜアメリカは天才を量産して世界覇権を握り続けるのか?=午… コロナ波乱相場に成果報酬型で投資助言!元証券ディーラーの推奨銘柄は (pr:株式会社g&dアドヴァイザーズ) 破綻前提で作られた日本の年金。 加瀬英明 フーバーは強く非難し、アイゼンハワーは不必要だと信じていた。大統領経験者や陸軍首脳など米側でも否定的見解のあった原爆投下。「原爆が投下されたから日本が降伏した」という虚説を外交評論家の加瀬英明が正す。 : 第二次世界大戦終結をめぐる神話と伝説(月例会発表要旨新入生歓迎記念講演) 」 『上智史學』第51号、上智大学、2006年、 pp. 日本人にとって、「終戦の日」といえば8月15日だ。しかし、この日が世界的に見ても「終戦の日」は違うらしい…!?なんと8月15日を「終戦の日」としているのは、日本だけなのだ。戦争の終わりとは一体どうやって決まっているのだろうか? google_ad_client: "ca-pub-1606730500807645", なぜなら日本はもう、自分達には抵抗する可能性など事実上ないと理解していたからだ。 『実際、何が日本を降伏へと導いたか』という問題については、現在に至るまで、欧米、ロシア、中国の歴史学者の間で論争が続いている。 日本が降伏した最大の理由は何ですか? 第二次大戦で、日本は「無条件降伏」しましたが、その最大の理由は、やはり2つの原爆なのでしょうか?「投下される前に降伏を打診していた」と何かで聞きました … 日本の無条件降伏/終戦の詔書/降伏文書. ボロボロの日本、なぜ降伏せず ダイレクト出版のバナーデザインを紹介。このほかにも多数のバナー広告デザインを紹介中。バナーデザインの新たなアイデア・発想の源として要チェック! ボロボロの日本は何故「降伏しなかった」のか? 世の中 カテゴリーの変更を依頼 記事元: www.worldforecast.jp 適切な情報に変更

本 ○ ○, Visual Studio 実行方法, ワードプレス 管理画面 違う, カメラアプリ 有料 おすすめ Android, 鹿児島ラサール 中学 偏差値, ジュリエッタ スポルティーバ ブログ, Vba コード 非表示, Windows Server 2012 タスクスケジューラ バッチファイル 実行されない, クリップスタジオ ダウンロード 方法, Macbook Pro 2012 サポート終了,